[Go]

チャンギ

HISTORY

チャンギ(Janggi)は、韓国の将棋です。

10世紀ごろシャンチー(象棋)が中国から伝播し、李氏朝鮮時代(14世紀終わりから20世紀はじめ)にシャンチーとルールの違いのあるチャンギができたそうです。

BOARD & PIECES

プラスチックの駒とパーティクルボードの盤 マグネットのポータブルチャンギ 両脇に抽出しがあり駒を収納できる

チャンギでは、各駒をいつも線と線の交点に置きます。全部で、縦に10、横に9の計90点の交点がありす。 上下二つにある、斜めの線が交差している所を宮(クン)といいます。 馬と象の位置以外の駒は、図のように配置します。 馬と象の位置は、左右個別に入れ替えることができます。(馬-馬,象-象のように隣り合うのは禁止)

が先にすべての駒を並べ、が並べます。 が先手、が後手です。 対局が開始すると終局まで、途中で馬・象を入れ換えることはできません。

漢/楚
宮の中を線に沿って自由に一区間動けます。宮から外には出られません。
宮の中を線に沿って自由に一区間動けます。宮から外には出られません。
縦横に一マス移動しって、進行方向に向かってさらに斜に二マス。ただし、進行する途中(隣接する縦横とそこから斜に一区間)に駒がある場合は、そちらの向きには動けません。
Knightと同じ。ただし、進行方向の隣接する場所(縦横方向)に駒がある場合は、そちらの向きには動けません。
Rookと同じ。宮の中は線に沿って斜にも進めます。
Rookと同じ。移動するときは、常に間の駒を一つ飛び越えなければなりません。包を取ることも、包を(敵味方関係無く)飛び越えることもできません。。宮の中は線に沿って斜にも進めます。
兵/卒
前横に一コマ。宮の中は線に沿って斜にも進めます。

有効な指してが無いときは、パスできます。

GOAL

相手の漢/楚を詰めれば勝ちです。

チャンギでは、以下の場合引き分けになります。

  1. 互いに、残り駒の情勢から、どちらも相手の「将」を詰めることができないと合意した場合
  2. 千日手になった場合。同一手順の反復が3回連続する状態
  3. 漢と楚の間にどの駒も無い状態に手を指し、次の手で相手が手を指さずに受け入れることを表明した場合。ピッチャングンの成立といいます
  4. 二人続けてパスした時

盤上の駒が一つも減っていない状態で、千日手とピッチャングンを指すと負けになります。

STRATEGY

象は、他の将棋/チェスに比べて特徴的な動きをします。シャンチーの象よりも格段に強い働きをします。はじめ動きを覚えるだけでも難しいかもしれません。象は漢字のの字のように動くと覚えるのだそうです。強い人は、象をうまく使うそうです。 包はシャンチーよりも動きに制限が強く、不自由な印象を受けます。強い人は、包もうまく活用するそうです。

大局開始前に、馬と象の位置を入れ替えられます。それぞれの馬や象が、どの位置に移動できるか、考慮して戦略を立てましょう。

NOTE

チャンギには、駒の昇格(プロモーション)がありません。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 8  
役に立つ 0  
興味ない 4  
理解できない 3  
やってみたい 4  
食べてみたい 6  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2017-07-22 (土) 20:45:40 (88d)