[Chess Computer]

マックルック

HISTORY

マックルック(Makruk)は、現在も広く遊ばれているタイ独自のチェスの伝承です。マックルックは遅くとも、出土駒から13〜14世紀には興じられていたそうです。

BOARD & PIECES

マックルック 初期配置
ルアマーコーンメットクンコーンマールア
        
ビアビアビアビアビアビアビアビア
        
        
ビアビアビアビアビアビアビアビア
        
ルアマーコーンクンメットコーンマールア

8x8のボードを使い、上記のようにセットアップします。 白が先手です。

PIECES

クン(君)
Kingと同じ。縦横斜に一マス
メット(種)
斜一マス (初手に前二マス移動することができるルールもります)
コーン(根)
銀将と同じ。前と斜めに一マス
マー(馬)
八方桂
ルア(船)
Rookと同じ。縦横任意の距離
ビア(貝)
前一マス。駒を取る場合は、斜一マス前方。敵陣三段目に入ると昇格、もしくは二,三段目は任意で一段目は強制のどちらかのルールを事前に決めておきます
ビアガーイ(ビアが昇格したもの)
メットと同じ。

GOAL

相手のクンを詰めれば勝ちです。

同じ局面が三回あらわれると引き分け。王手を含む千日手は、攻め側が手をかえなければなりません。

スティールメイトは禁じ手。差し直しです。

ゲームが終盤に近づいたとき、詰めてまでの手数を決めて、その手数以内に詰められなければ引き分けと言うルールがあります。手数の決め方は、

  1. 双方ともビアが全滅している場合、劣勢の側が詰みまでの手数をカウントすることを要求します。優勢の側は、64手以内に詰めなければなりません。
  2. 一方がクンだけになり、他方にビアが残っていない場合、以内に詰めないといけません。基本数字決定の条件は、下表を上から評価して、あてはまるものを採用します。
    • 詰みまでの手数 = 基本数字 - 盤上の駒総数
      駒の状態基本数字
      ルア2個8
      ルア1個16
      コーン2個22
      コーン1個44
      マー2個32
      マー1個64
      メット(ビアガーイ)1個64

その他、双方合意で引き分けとすることができます。

STRATEGY

チェスの仲間のなかでも、マックルックは駒の働きが弱く、テンポがゆっくり進みます。 無駄駒がないように大局観を働かせることが大切です。

対戦して見ると、局面の評価や駒の使い方は、チェスよりも将棋の感覚に近い印象を受けます。

実力が近いと引き分けになることが多い用です。

NOTE

ページ先頭の写真は、木製のマックルック盤と駒。盤の外は、プラスチック製の駒。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 5  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 3  
食べてみたい 4  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2017-04-06 (木) 13:43:15 (256d)