[Go]

Abstract Strategy Game Society

第9回 Abstract Strategy Game Society & The Game Party の記録

会の様子

開催日 2013年3月16日

場所 東京五反田 アーヴァイン・システムズ会議室

記録

館長が当会の後、電気通信情報学会四国支部の特別講義とゲーム学会「ゲームと教育」研究会の2日間マラソン講演のため、写真だけ先行して会の記録を公開、記事の執筆が遅れました。 [worried]

当会も、会を重ねる毎に出展ゲームのバラエティーが増え、プロトタイプでありながらも完成度の高いものが多くなりました。また、出展ゲームに関して、議論や指摘も厳しく的確になってきました。前回に続き、インドからのArvindさんは、帰国直前に参加くださいました。帰国後、2-3週後には、オーストラリアへ移住することになったそうで、当会もますます国際性が豊かになる予感が...!?

第1部 Abstract Strategy Game Society

正規出展

時間ゲーム考案者発表者
14:10-14:30Whose Foods改山本さん山本さん
14:30-15:50フレムデフィッシュ Fremde Fisch(仮題)正田さん正田さん
15:50-15:30計画都市土井さん土井さん
15:30-15:40賢者の石山本さん山本さん
16:00-16:10London Bridge中島中島
 
Whose Foodsフレムデフィッシュ
Whose Foodsフレムデフィッシュ

フレムデフィッシュは、これまで、多くのボードゲーム、アブストラクトゲームをプレーされている正田さんの処女作です。まだ、ルールの調整や適切なボードサイズの決定が待たれる、プロトタイプを出展されました。ゲームは、本格的な陣取りゲームです。囲碁のようでもあり、一方で他のゲームとは違う図形的視点が必要で、知的興奮が得られる秀作です。合法手の判定に見落としがないようなアイディアや、駒やボードの見栄えなど、工夫の余地はありそうですが、今後期待できる作品です。

タイトル(仮題)のFremde Fischについて、ドイツ語の分からない参加者たちからの問いに対しては、「秘密」とのことでした。正田さんのドイツの彼女の名前だろうなど、様々な憶測が飛び交いましたが、本当の意味はさて... 皆さんで調べてみてください。

山本さんのWhose Foods、前回の指摘を受けて、大幅にルールを削っての再出展です。おそらく、上級者になるとImpartial Game特有の、局面評価が絶対的なゲームなのですが、人間ならではの見落としによる決着が楽しいゲームです。第2部のゲームパーティーで、考案者の山本さんは、全敗を喫していたようでした。 [wink]

計画都市賢者の石
計画都市賢者の石

土井さんによる、空中回廊の続編とも言える計画都市。Blokus的な陣取りゲームです。地の取り合いフェーズが終わった後、取った地の上に特定の形をした建物が建てられとボーナスが得られる仕組み。2~4人でも遊べるようにしている意欲作です。駒も洗練されてきていました。建物のボーナス駒が改善されると、よりテンポよくゲームが進みそうです。

館長のマンカラ型ゲームの新作。大型のボードと、ゴージャスなポット、中央のポリダイアルが特徴です。選択できる手の幅が広く、一般的なマンカラのルールよりも、一段深く考える必要がある、本格的なストラテジーゲームになっています。

第2部 The Game Party

今回出展されたゲームは、対戦時間が比較的長い(15~30分/局)のゲームもあり、それらのゲームを楽しんだ人は、あまり対局数を消化できず、軽いゲームを数多くこなした人が好成績をおさめました。

優勝はインドから参加のArvindさん、2位が山本さん、3位は野村さんでした。 優勝商品は、山本さんのSkips。

成績は別として、ゲームの検討も対戦も大いに盛り上がりました。パーティーの熱気は、恒例の懇親会会場まで引き継がれました。

Feedback

選択肢 投票
うらやましい 1  
次回は参加したい 1  
興味ない 0  
理解できない 0  
とにかく飲みに行く 0  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2017-05-22 (月) 16:19:38 (91d)