[Fire and Ice]

FIRE and ICE

Funagain Gamesで、このゲームを買う:Funagain Gamesで買う

HISTORY

FIRE and ICEは、Jens-Peter Schliemannによる考案で、タイのPin International Co., Ltd.が2001年に制作、米国のOut of the Box Publishing Inc.から発売されている二人対戦アブストラクトゲームです。

FIRE and ICEは、ゲームボードのモチーフに、Fano Planeと呼ばれる図形を用いたユニークなデザインのゲームです。

BOARD & PIECES

FIRE and ICE ボードと初期配置

写真のような、おむすび型の7つの島を持つ専用のボードを使ってプレイします。 それぞれの島には、やはり7つの穴が開いていて、赤のペグ(FIRE)と青のペグ(ICE)が配置できるようになっています。

初期配置では、真中の島の真中の穴にFIREペグを挿入した状態にし、残りのペグは、FIRE, ICEを分けて、ボード上の二つの溝に入れておきます。

どちらのプレイヤーがFIRE, ICEを受け持つかを決めます。

ゲームは、FIREから始めます。

それぞれのの手番で、FIRE, ICEのプレイヤーは、手番で次の二つの操作をします。

  1. 自分のペグを動かす (動かし方は以下の2通り)
    • ペグを、同じ島内の空いている穴に移動する
    • ペグを、別の島の同じ位置の穴に移動する (移動先の穴は空いていなければいけません)
  2. 動かした自分のペグがあった穴に、相手のペグを差し込む

パスはできません。

島の支配

FIRE and ICE 島の支配

島に描かれている線上を三つの同色の駒が並ぶと、その島は並んだ色の支配下に置かれます。支配するパターンは、写真の7通りです。*1

支配された島にある、ペグは、支配に必要な3つのペグを除いて、移動ルールに従って移動させることができます。

GOAL

FIRE and ICE 終局の例

島の支配と同じように、線上の三つの島を支配(同じく7パターン)したプレイヤーが勝ちです。

STRATEGY

支配すべき島に集中します。手番で、支配できそうになったからといって、重要でない島を支配しても、勝利には結び付きません。

NOTE

FIRE and ICEは、よくある、グリッドやHex上に配列を作るゲームとは一線を画すユニークで数学的に美しい構造を持つ、目的の配列を目指すゲームです。

QUADTRIAが同じパブリッシャーから発売されています。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 4  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 4  
食べてみたい 0  

*1 この7通りの配列を数学用語では、Fano Planeと呼びます。

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2015-07-31 (金) 18:54:42 (810d)