[Kings Table]

Gyges

HISTORY

Gygès は、Manaと同じ Claude Leroy 氏により1984年に考案され、1985年にJactaleaから発売されています。

1985年の Concours International de Créateurs de Jeux de Société にて大賞を受賞しています。

駒の形状が指輪型をした製品もあり、タイトルのGygesは、プラトーンの著書「国家」に出てくる架空の指輪Ring of Gyges = ギュゲースの指輪をモチーフにしていると考えられます。

BOARD & PIECES

Gyges ボードとピース

2人で遊ぶレースゲームです。

写真のような、6x6のボードと、1,2,3個のリングからなる駒をそれぞれ4個ずつ使ってプレーします。

駒は、どちらのプレーヤーに属するわけでもありません。 写真のボードでは、それぞれのマスが縦横隣のマスと繋がっているのが見て取れます。 また、一組のボード端の対辺は、マスが外側に脱出できるように繋がっています。この、辺ある段をお互いのスタート位置とします。

初期配置は、ボードには駒は一つも置いていない状態です。お互い1,2,3個のリング駒を2個ずつ持ち、先手後手が一つずつ順番に自分のスタートする段に任意に配置します。すべての駒を配置し終わると駒の移動フェーズになります。

各ターンで、それぞれのプレーヤーは、一つの駒を選択して移動します。 駒は、自分のスタートラインにもっとも近い段にある駒のみ選択できます。

駒は、縦横(4方向)に自由に移動できます。移動できるステップは、リングの数とピタリと同じ数です。移動中に方向を変えてもかまいません。

移動の途中経路に別の駒がある場合は、そのマスを通過できません。

駒が、最終的に移動したマスに駒がある場合は、二つの選択があります。

Bounce
移動地点の駒のリングの数と同じ数、さらに自分の駒を進めます。さらに、移動先の到達地点に駒がある場合は、Bounceを繰り返すことができます。最終的に、続くReplace操作をすることもできます。
Replace
移動先の駒を取り除き、移動中の自分の駒を移動先のマスに置きます。取り除いた駒は、相手の陣地に最も近い、駒がある段より手前の任意の位置に配置します。(サッカーのオフサイドルールを思い浮かべてください。)

禁止動作

  • 移動中の駒は、同一ターン中に一度通ったマスに二度と入ることはできません。
  • ゴール段を移動通過することはできません。(写真のボードでは、ボードの外のこと)
  • 別の駒のある場所は、通過できません。
  • 先に記したことと同じですが、Replaceするときは、配置駒を相手のスタート段に最も近い駒がある段より、相手陣に近いマスに置いてはいけません。

GOAL

自分の手番に、初期配置で相手が配置した最終段から一つ奥の段(写真のボード上にはマスがなく、ボードの外側に一段あると考えてください)に先にピタリと駒を移動できれば勝ちです。

Variants

このゲームは、Bounceの連鎖が気づきにくく、慣れないとうっかりして突然ゲームが終了してしまうことがあります。そのため、「うっかり」によってゲームが終了してしまった場合は、待ったができるというバリエーションがあります。手を戻してみて、どうやっても相手の勝ちが防げない状態になったら、相手の勝ちとします。

NOTE

本ページの展示品は、Julien Kloetzer氏から貸与されたものです。

写真の駒とボードは皮革製ですが、木製のものもあります。

Gygesは、相手の駒と自分の駒という区別がない、 レースゲームとしてもとても珍しいスタイルのゲームです。 駒と駒の連携によって、あっというまに決着がついてしまうことも よくある、大変スピーディーで、おもしろいゲームです。

SEE ALSO

  • Gygesのオフィシャルページ。オンラインで遊べる環境もあります。
  • Jactalea パブリッシャーのページ。

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 6  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 6  
食べてみたい 1  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2017-07-05 (水) 21:04:50 (105d)