[DVONN]

Hive

Funagain Gamesで、このゲームを買う:Funagain Gamesで買う
Hive: The Mosquito, Hive: The Ladybug

HISTORY

John Yianniの作品、2001にパブリッシュされました。 六角の駒を使って、敵の女王蜂を追い詰める、非常にユニークな二人用ゲームです。 Hiveは、蜂の巣とか、蜂が群がっている様子の意味です。 六角駒が集まっている状況は、まさに蜂の巣に群がる虫達をイメージさせます。

BOARD & PIECES

Hiveの駒

ボードは、ありません。強いて言うなら机がボードの役目を担います。 マス目のないゲームです。

  • Setup
    先手番は、白い方駒を使います。 各プレーヤー、それぞれの色の駒を全て相手に見える状態でテーブルの上に置きます。

自分の手番では、配置または移動をおこないます。

  • 配置
    配置は、自分の手持ちの駒を一つ選んで、対戦フィールド上(これがHiveになります)に出します。 駒を出すには、次の条件を満たしていないといけません。
    • はじめの駒
      白番の第一手です。テーブルの中央あたりに出しましょう。ここからHiveが広がります。
    • 次の駒
      黒の第一手は、先に出ている白の駒の辺にピタリと接するように駒を出します。
    • 以降の駒
      白の二手目以降は、駒を出すときには必ず、自分の駒だけに辺が接するように出さなければなりません。相手の駒と接するような場所には出せません。Queen Beeを出すまで、駒の移動はできません。
      駒を出せる場所がないときは、移動をします。
    • Queen Bee (女王蜂)の配置
      Queen Beeは、自分の四手目までに、必ずフィールドに出さなければなりません。
  • 移動
    自分の手番で、各駒の動き方の制約を守って、一つの駒を移動させることができます。 配置と異なり、移動した後に、相手の駒に接していても問題はありません。
Hive_3_Bee.jpg Queen Bee (女王蜂)
一つ 巣の周りを一マス
Hive_3_Beetle.jpg Beetle (クワガタ)
二つ 一マス。巣の上(別の駒の上)に登ることができます。登られた駒は移動できません。また、駒の配置の際には、一番上にある駒の色が、その位置の色として評価します。
Hive_3_Grasshopper.jpg Grasshopper (バッタ)
三つ 直線で連続する駒を飛び越えた先の、空いている領域に移動できます。
Hive_3_Spider.jpg Spider (蜘蛛)
二つ 巣の周りを丁度三マス。巣に沿って移動します。
Hive_3_Ant.jpg Soldier Ant (兵隊蟻)
三つ 巣の周りを任意の距離移動できます。

以下の拡張駒が発売されています。お互い駒を一つ余分に持つだけで、ルールは同じです。

Hive_3_Mosquito.jpg Mosquito (蚊)
一つ 隣接する駒の内、どれか一つの駒の移動能力を模倣します。巣の上にあがって移動し始めると、巣の上にいる間は、ずっとクワガタになります。
  • ひとつのHive(巣)のルール
    フィールド上には、必ず(駒が)接続したHiveが一つだけ存在するようにしなければなりません。移動した結果、Hiveが分断されてしまうような移動は禁止です。
  • スライド移動ルール
    BeetleとGrasshopperを除く駒は、駒をテーブル上をスライドさせて移動します。そのため、移動する際にHiveを壊してしまう(べつの駒を動かさないと入れない場所への)移動はできません。
    配置の際は、この制限はありませんので、別の自分の駒で囲まれた空間に駒をドロップすることができます。

GOAL

Queen Beeの周囲(6辺)を、駒(相手味方無関係)で囲んだら勝ちになります。

双方のQueen Beeが一度に囲まれたら、引き分けです。

千日手は引き分けです。

STRATEGY

Hive

プレーする前は、駒の種類によって、動きに違いがあることや、 相手のQueen Beeを追い詰めることから、 Chessや将棋に近いゲームと思う人も多いかもしれません。 Chessと将棋もプレーしてみると、ルールは似ていますが、まったく異質のゲーム だという印象を受けます。Hiveは、これらのいずれともさらに異なるゲームです。

ボードが無いことや、駒が六角であることも一因です。 この感覚は、はじめて行った街で、 ランドマークや方角を知るための指標が無い(天気や環境)で、目的地と自分の位置を どう把握すればよいのか混乱するのに似ています。Chessなどを良くプレーする 人ほど、このように感じるのではないでしょうか。

ゲームに慣れると、すぐに動かせる駒(配置、移動とも)が見かけの駒の数に比べて 少ないことに気づきます。配置、移動の制約によって、拘束される駒がほとんどなのです。配置から終局まで動かない駒もあります。

  • 自分の駒の自由を獲得しよう。特にQueen Beeの自由が重要です。
  • 相手の駒を拘束しよう。Beetleで相手の駒に乗ったり、一つのHiveで、相手の強力な駒を動けないようにするのが有効です。相手のQueen Beeは、六角の一辺ずつ間を空けた三辺を抑えてしまえば、動くことができません。
  • 駒の価値/機能を考えて、配置するタイミングを見極めましょう。早くに配置すると、攻撃目標(動けなくされる)になりやすく、遅すぎると、敵駒自駒が混ざりあい、配置できる箇所が、争点から遠く離れてしまったり、配置できないこともあります。

NOTE

Tile Chessは、Hiveに似た発想のゲームです。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 27  
役に立つ 3  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 3  
食べてみたい 2  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2017-06-28 (水) 01:08:44 (54d)