[DVONN]

KingsTable_1closeup.jpg

Funagain Gamesで、このゲームを買う:Funagain Gamesで買う

HISTORY

ここで紹介するのは、9x9の盤のTablut(タフル), よりマス目の多い盤(~15x15~21x21など)はHnefatafl(フナファテフル)とも呼ばれる、5世紀のはじめから遊ばれている、バイキングのゲームです。

このゲームは、スカンジナビア半島から、スコットランド、アイルランド、アイスランド、ロシアなどで広く普及しました。バイキングは、このゲームを欧州からインド、ペルシャ、イラクまで持ち込んだと言われています。

日本ではあまり知られていませんが、欧米のおもちゃやでよく見かける非対称な二人用包囲ゲームです。

BOARD & PIECES

KingsTable_2setup.jpg

写真のようにセットアップします。 ボードサイズは15x15はもとより、さらに巨大なものまで、いろいろあります。写真は9x9のもの。

セットアップ画面の中央が白のKingです。

  • 白のKing 1個
  • 白のガード 8個
  • 黒の兵士 16個

すべての駒は、Rookと同じ動き(縦横任意の距離)をします。 駒を飛び越えることはできません。

King以外の駒は、中央のKingのマスを通過することはできますが、そのマスに留まることはできません。 (ルールによっては、四隅にも入れないようにすることもあるようです。)

駒は、敵駒を二つの味方駒で、縦か横をはさむと捕獲できます。 コーナーに居る駒は、その駒を移動できないように縦横を押さえることで捕獲できます。 Kingも相手駒を取る時に、他の駒と同じように使えます。

相手の間に自ら入り込んだ時は、捕獲されません。

ただし、Kingの捕獲は、四方向を囲まなければなりません。ボードの端かKingの領域の隣に居る場合は、三方向で捕獲されます。

黒の攻撃が先手です。

GOAL

白のKingを盤の四隅に脱出させるか、黒駒をすべて捕獲すると白の勝ち。

黒は、白のKingを捕獲すれば勝ちです。

Variants

Tablutは、地域やボードのサイズ、初期配置、Kingの脱出位置の違いでゲームの名称が異なります。

Game読み*1遊ばれている地域ボードサイズ
Brandubhブランドゥアイルランド7x7
Fitchnealフィッチネルアイルランド7x7
Ard-Riアール・リスコットランド7x7
Tablut/Taflタフルフィンランド/スカンジナビア半島9x9
Tawlbryddタウルブライドウェールズ11x11
Hneftaflフナファテフル北欧主に11x11~13x13
Alea Evangeliアレア・エヴァンゲリアングロサクソン民族19x19

初期配置図説明   Brandubh  Ard-Ri  Fitchneal  Tablut  Tawlbrydd  Tawlbrydd2  Small Hneftafl  Large Hneftafl  Alea Evangeli 

STRATEGY

先後で戦略が異なります。両方プレーしてみるのがよいでしょう。

NOTE

パッケージ表 パッケージ裏

写真は米国で発売されている製品版のパッケージ

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 6  
役に立つ 3  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 2  
食べてみたい 0  

*1 正確に分かる人がいたらコメントに書き込み願います

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2017-08-11 (金) 23:03:06 (10d)