[Go]

T4

このゲームを、すぐに遊びたい人は、こちらAbstract Strategy Games Online

The English page of this game is ready.

HISTORY

T4 (Transparent-Tic-Tac-Toe) は、当館館長の中島雅弘による考案のImpartial Gameです。館長考案の、FlipFlop, RinneTensei、2009年にゲーム学会第7回ゲーム作品コンペ優秀賞The Ring WorldAmoebaに続いての発表となります。 このゲームは、2009年のはじめにマルチレーヤー・ボードを使ってTic-tac-toeを工夫できないだろうかという初期の構想があり、様々な思考錯誤の結果2010年12月に発表いたしました。

T4 デザインのテーマは、nimに代表されるImpartial Gameであることです。Impartial Gameは、ルールの性質上、負けないようにする保守戦略が中心になってしまいます。T4 では、できるだけそうした要素が露呈しないよう工夫したつもりです。

BOARD & PIECES

T4 ボード   T4 3種類の駒

4×4のボード上に、二人のプレイヤーが交互に駒を置いてゆきます。

駒は、写真のような3種類のものをそれぞれ16個ずつ用意します。 初期配置では、盤上になにも置かず、すべての駒を盤外に置いておきます。

手番のプレーヤーは、盤外の駒を一つ選び、盤上のマスに置きます。

  • 何も駒が置かれていないマスであれば、どこにでも着手できます。
  • マスの中に駒が置かれていて、これから置こうとする駒が、置かれている駒と異なる種類の駒であれば、重ねて同じマスに駒を置けます。

結果、ボード上に現れる駒の組み合わせは、

T4 組み合わせ駒のバリエーション

の7種類があります。

手番のプレーヤーは、さらに盤上の任意の駒を移動させます。 移動は、ChessのQueenの動き、縦横斜めに任意の距離移動できます。 移動させる駒は、マスの中に入っている駒全てを一緒に移動なければいけません。他の駒を飛び越えたり、別の駒に重ねることはできません。

T4 手番操作の例

写真の例では、置いた駒を移動させていますが、自分が置いた駒でなくても、盤上の駒はどれでも移動してかまいません。

GOAL

T4 終局

着手後、同じ種類の駒が縦横斜め、いずれか一列に3つ同じ種類の駒が並んだら、勝ちになります。

移動することができない場合は、負けになります。

また、まずおこりませんが、同じ種類が4つ並んだら負けとします。

このゲームに、引き分けはありません。

VARIANT

駒の種類は任意に設定できます。ただし、種類があまり多すぎるとゲームがなかなか収束しません。異なるボード形状・大きさでもプレーしてみましょう。

NOTE

Copyright © Masahiro Nakajima 2010, www.nakajim.net 2010, All rights reserved.

SEE ALSO

T4の駒集合

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 6  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 2  
食べてみたい 2  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2017-11-19 (日) 14:34:29 (27d)