[Go]

History

フォー・ピース

フォー・ピース (Four Pieces) は、2011年1月に岡村正敏氏によって考案されました。 ダーツ用具を扱う会社を経営する氏は、ダーツの的からヒントを得て、円形ボードを使ったゲームを閃いたのだそうです。考案当初の名称はMOP*1 (モップゲーム)でしたが後に名称を変更されています。

BOARD & PIECES

フォー・ピース

写真の円形ボードを使います。ボードには、プレーフィールドと、スパイ駒を置く所、得点駒を置く所が統合されています。

2人で遊ぶゲームで、お互いボードを挟んで向かい合うように着席します。

各プレーヤー40個の駒(黄、赤)を持ってゲームを開始します。

はじめに、プレーヤーはお互いに、1つの駒を交換しあい受け取った駒を、自分の側のSPYの 円に入れておきます。

次に、先手プレーヤーがプレーフィールド上の交点に自分の駒を10個置き、続けて後手が10個置きます。(この時点では、後述する役ができても得点にはなりません。)

それぞれ、最初の10個を配置し終えたら、バトル開始!! ここからは、それぞれのプレーヤーが1つずつの駒を置いていきます。この際、自駒に加えてSPYに1つ置いてある相手駒も配置することができます。

得点

ストレート
直線上の隣接する交点4個の駒が並んだ状態。できたら「ストレート」と発声します。できあがった時点で1点。
ボックス
4個の駒が隣接する交点で4角形ができあがった状態。できたら「ボックス」と発声します。できた時点で1点。
減点
4個を越えて直線上に駒が並んだ状態。駒を置いた結果、4を越えた駒の数1つにつき1点減点。同じ直線ですでに減点されている所でも、駒を置いた結果配列が伸びていれば毎回4を越えた分をすべて減点します。

獲得した得点は、プレーフィールドの周囲にある得点インジケーター上に得点用のマーカーを置いて、 常に状態がわかるようにしておきます。

GOAL

最終的に得点の高いプレーヤーの勝ちです。

Variants

このゲーム盤を使って異なる遊びも提案されています。

モップゼロ
最初に10個ずつ駒を置かないルール
  • モップゼロ1
  • モップゼロ2
  • モップゼロ3
  • モップゼロ4
スパイ
スパイの数を増やしてプレーする
  • スパイ2
  • スパイ3
  • スパイ4

4人で対戦するルールもあります。

Storategy

初期配置から熟考が必要な戦略性の高いゲームです。 得点を継続できる形を目指す攻め指向の布石と、相手を減点に導くような守りの形。 何度がプレーしてなれてくれば、定石形を発見できることでしょう。

終盤は、大きく得点が増えたり減ったりという形が現れるため、手を読み切る力が要求されます。 終盤のここぞというときのためにSPYを温存するのですが、あまり温存しすぎていてもチャンスを逃します。

NOTE

最初に10個ずつ配置する、スパイ駒がある、個性的なボードデザインなど、 歴史的なアブストラクトゲームにはないアバンギャルドなゲーム設計です。

ゲームの進行において、できあがった役(「ストレート」、「ボックス」)を発声するルールからは、 対面のコミュニケーションを重視する考案者の姿勢を垣間見ることができます。 また、得点表示の分かりやすさなど、ボードの特徴を生かしてゲームをテンポよく進められるように 配慮された、考案者の情熱を強く感じるゲームです。

このゲームのお問い合わせ先

製造販売元 有限会社三和商事
〒156-0043 東京都世田谷区松原5-13-10
03-3325-9923

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 4  
役に立つ 1  
興味ない 0  
理解できない 1  
やってみたい 18  
食べてみたい 0  

*1 名称MOPの由来は、Masatoshi Okamura Presents なんだそうです。

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2014-08-23 (土) 18:01:23 (1578d)