[Shatar]

コレクション

マンカラ

マンカラのボードと駒、三種類 - 大小

Mancalaは、とても古くからアフリカや東南アジア諸国で広く遊ばれているゲームです。19~20世紀に欧米に紹介されました。現在ではアメリカや欧州のおもちゃ屋で、必ずと言っていいほど見かけるポピュラーなゲームですが、日本ではあまり知られていません。 小さな子供でも理解できるシンプルなルールで、とても楽しいアブストラクトゲームですが、実に戦略性の高いゲームでもあります。Mancalaだけを取り上げた'Mancalaの本'が出版されているほどです。

Funagain Gamesで、このゲームを買う:Funagain Gamesで買う

マンカラの仲間

Mancala Club

当館監修のMancala Clubは、綺麗なアートワークが特徴のスマートフォン&タブレット向けのアプリです。Mancala Clubでは、Kalah, Oware, Ayoayo, Um El Bagara, Bohnen Spiel の5種類のゲームが遊べます。世界中のプレーヤーとオンライン対戦して、レーティングを競い合いましょう。

ミッションを達成して、あなたのサファリにたくさんの動物たちを集めましょう。

是非、プレーしてみてください。

KalahLondon Bridge
Kalah
マンカラの現代的なルールの一つ。
London Bridge
当館オリジナルのマンカラ変種
  • Bechi
  • Qelat
  • Gamacha
  • Giuthi
  • Bao?
  • The Game of Daughters
  • Deka
  • Abalala'e
  • Gabata
  • Njombwa
  • Nsumbi

HISTORY

Mancalaは、西アフリカが発祥の地ではないかとされており、何千年もの長い間、アフリカ大陸、カリビア諸島、中央-南アジア、中東でプレイされてきた、世界でもっとも古いボードゲームの一つです。

ゲームの呼称も、アラビア語で移動するの意味のマンカラ他、各地で遊ばれているゲームの名称、ルールもさまざまです。

地域/言語圏
アラビア語マンカラ
中近東マンカリ
ガーナワリ
セネガル/ガンビアワリ/ウォロ
リビエラクブー/クポ,ポー
カメルーンカレ
ナイジェリアアワリ
南インド/セイロンパラングリ
フィリピン/ミンダナオスンカ

Mancalaはボードによって、(たこ焼き焼器のような)穴が一行にだいたい6個以上、二行、三行、四行にならんだものがあります。両脇の穴は大きく開けてあるものや、すべてが均一の穴のもの*1などさまざまです。

穴を石や地面に掘って遊んだものが、キプロス、エジプト、シリア、各地の遺跡から発見されています。

大変に広い地域、そして長い間遊ばれていたことは確かで、その伝播のルートによって、ボードが異なっているようです。

  • 四行のもの アフリカ南部と東アフリカ
  • 三行のもの エチオピアとソマリア
  • 二行のもの アフリカから離れた土地

他のゲームや文化が、エジプト-ギリシャ-ローマ-ヨーロッパへ伝わったのですが、中東諸国に伝わったマンカラが、なぜかヨーロッパ諸国では普及していません。

The Complete Mancala Games Book= How to Play the World's Oldest Board Gamesに、マンカラの詳しい研究が掲載されています。

DESCRIPTION

各地に散ったMancalaは、遊び方の種類も多く、120種類以上ともいわれています。

ゲームの進行は、二人のプレーヤーが盤をはさんで対峙し、それぞれの穴に、種、豆、木の実、貝殻、乾いた糞、石など*2の駒を数個ずついれた状態から開始します。 プレーヤーは、それぞれの順番に、適時駒の入った穴を選び、決まった順に駒を再配置します。再配置の結果、特定の穴に入ったものを得点と数えるなどして、得点を競うのが一般的なルールです。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 20  
役に立つ 2  
興味ない 1  
理解できない 0  
やってみたい 3  
食べてみたい 12  

*1 まさにたこ焼き焼器のようなボード
*2 ゲーム上はすべて同じ意味

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2015-08-18 (火) 13:14:56 (1218d)