[Chess]

将棋の来た道

Category

  • 日本語

お勧め

著者

大内延介

出版社

小学館(1998)

Review

将棋の起源を求めて、各国の将棋()を現地で対戦したドキュメント。 客観的に将棋起源を調べた研究とは一線を画し、プロ棋士の棋力で 主観的な意見を述べています。純粋数学や物理学のような客観性を 研ぎ澄ます研究とは異なり、言葉と同じように、ゲームは人がプレー しルールも変遷していくからこそ、プレーしてわかる伝承が浮き彫り になることがあるようです。

SEE ALSO


Feedback

選択肢 投票
おもしろい 0  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 0  
食べてみたい 0  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2014-08-23 (土) 18:07:03 (1674d)