[Chess Computer]

理性の限界

Category

  • 日本語
  • 数学・自然科学

お勧め

☆☆☆

著者

高橋昌一郎

出版社

講談社(2008)

Review

こんな本を読みたかった。 "理性的に(科学的に)合理的な行動は決定づけられるのか", "還元的アプローチによって、すべての自然現象を解き明かせるのか", "数学的に証明されたものは、常に正しいのか"、これらの答えは、 アロウの不可能性定理、ハイゼンベルグの不確定性原理、ゲーデルの不完全性定理 によって結論付けられました。本書は難解なテーマを、実にわかりやすく、 架空のディベート形式で解釈し紹介する画期的な試み。関連する科学的事象や社会 行動、科学史にも触れることで抽象的な理論を具体的で身近なものにしています。 本書の三つのテーマである発見・発明は、二十世紀のものにも関わらず、 二十世紀に教育を受けた人たちの多くは、古典的(19世紀までの)な 数学・物理学の思想に留まっているのかもしれません。理系・文系問わず、 すべての学生に読んでもらいたい一冊です。

SEE ALSO


Feedback

選択肢 投票
おもしろい 0  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 0  
食べてみたい 0  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2014-08-23 (土) 18:07:24 (1735d)