[Fire and Ice]

HISTORY

安南将棋は、昭和20年以前から遊ばれている変則ルールの将棋です。(安南は、ベトナムのことですが、ベトナムの将棋=カートンとはまったく関係がありません。)

参考文献/おもしろゲーム将棋に対戦記がおもしろく紹介されています。

BOARD & PIECES

annnan_2setup.jpg
9x9の通常の将棋盤を使い、上記のように通常の将棋の初期配置の飛角の上の歩を一つ進めた形から開始します。*1

  • 全ての駒は、直後にある駒の働きになります。
  • 直後に駒が無い場合は、将棋と同じ駒の動きです。
  • 成る位置は将棋と同じです。
  • 二歩は禁じてです。
  • 行き所のない所には駒を打てません。

GOAL

相手の玉を詰めれば勝ちです。

反則があっても、双方気づかなければゲーム続行します。

STRATEGY

駒の位置によって、駒の価値はもちろん、働きがダイナミックに変わります。特有の手筋や読みの技術が必要です。

NOTE

通常の将棋に成れている人ほど、混乱するはずです。 [smile] 反則が多発するゲームです。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 8  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 5  
食べてみたい 3  

*1 参考文献/世界のゲーム事典には、新型安南将棋として紹介された初期配置です。旧来の初期配置は、通常将棋と同じ配置ではじめたようです。ただし、この配置だと、先手からいきなり2三歩成りの手があります。

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2015-10-29 (木) 21:33:00 (1146d)