[Kings Table]

HISTORY

資本還元将棋は、清水英幸氏が考案・命名した、通常の将棋に持ち駒数の上限ルールを加えた変則将棋です。

参考文献/おもしろゲーム将棋に対戦記がおもしろく紹介されています。 こちらでは、持ち駒が6枚になったら負けというルールで対戦しています。

BOARD & PIECES

9x9の通常の将棋盤を使い、通常の将棋の初期配置から開始します。

下記、持ち駒の数の制限を除いて、将棋と同じルールです。

GOAL

持ち駒が5枚になったら即負けになります。 相手の玉を詰めれば勝ちです。

STRATEGY

持ち駒の数に、常に注意していなければなりません。数が多い時は、駒が取れなくなりますので、 通常であれば、ただ捨ての手も放置しなければならなくなります。

通常の大局観に調整が必要です。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 3  
役に立つ 0  
興味ない 2  
理解できない 1  
やってみたい 1  
食べてみたい 2  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2014-12-30 (火) 10:34:48 (1447d)