[Abalone]

連珠

HISTORY

連珠の原型となった五目並べは、平安時代には存在していたようですが、明治時代には先手の必勝法が発表され、現在でも、先手必勝のゲームであると考えられています。

1899年、黒岩涙香が、五目並べにいくつかの禁じ手を加えたゲームを「聯珠」と呼ぶことを提案しました。 かつては「聯珠」と表記していましたが、第二次世界大戦後の漢字制限により「連珠」となりました。

その後、研究が進む度に先手の有利が見つかり、不均衡を調整するためにルールの改正がおこなわれ、 現在の連珠のルールにいたりました。 現在の国際ルールでは、下記の基本ルールの他にも制限を設けています。*1

BOARD & PIECES

連珠盤

15道*2の「連珠盤」(15×15)上に、 二人のプレイヤーが黒白の珠(碁石)を交互に置いてゆきます。

五目並べとよく似ていますが、先手が明らかに有利な五目並べに対し、連珠では先手の着手を制限して後手との均衡をとっています。

連珠の基本ルールでは、三手目まで珠を置く場所に制限が設けられています。この三手目までの着手でできる形を珠型と言います。
黒が先手で1手目は天元(盤中央の星)に打ちます。 次に、白は天元から1目離れた場所(黒珠に接する場所)に打ちます。 3手目は、黒が天元から2目以内離れた場所に置きます。*3



GOAL

縦横斜めのいずれかに、早く『五連』を並べた方が『勝ち』です。

  • 黒は五連を並べる前の「三三」と「四四」と六目以上並んだ「長連」が『禁手』で「打っても、打たされても負け」になります。
  • 白には禁手がありません。長連は勝ちとなります。
  • 勝負のつかない時は「引き分け」になります。

STRATEGY

珠型の無い連珠は、János Wagner and István Virág (2001)によって、先手必勝であることが証明されました。

NOTE

珠(石)は、連珠と囲碁で共通で使えますが、盤は路数が異なり併用できません。 連珠は、15道の盤を用います。囲碁は19路、初心者の練習用に9路, 13路盤を用いることがありますが、15路はあまりプレーされません。囲碁の用具は比較的容易に入手できますが、15道の連珠用の盤を入手するのは、なかなか苦労するところです。

国内、海外でも人気のあるゲームで、大会などを定期的に開催する競技団体があります。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 25  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 0  
食べてみたい 1  

*1 この結果、ルールが複雑で分かりにく、ゲームに取り組みにくくなったとの批判もあります。
*2 囲碁では15路と言いますが、連珠では15道と表記されるようです。
*3 珠型の組み合わせは、対称形を除くと26通りあります。

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2016-11-27 (日) 19:15:49 (751d)