[Checkers]

はじめに

ゲーム学会

ゲーム学会 第9回全国大会と第8回ゲーム作品コンペが、2010年11月27,28日に開催されました。今年は、香川大学にて「うどんの国でゲーム&アミューズメントを考える」をテーマにした大会です。

アブストラクトゲーム博物館株式会社アーヴァイン・システムズは、本年度の大会に全面的に参加・協力いたします。本ページは、2010年のゲーム学会大会のための特設です。

おかげさまで、口頭発表、ゲームカフェ、企画セッションとも大変好評をいただきました。学会運営者の皆様、参加者の皆様、サポートしていただいた皆様、ありがとうございました。

Abstract Strategy Games Online 5 Preview

ゲームカフェでは、開発中のAbstract Strategy Games Online Version 5を公開し、大変好評でした。

企画セッション

ゲーム開発のRPG

アーヴァイン・システムズ 中島雅弘 香川大学 富永浩之

セッションで用いた資料

下記Zipファイルは、大会参加者に限定して公開いたします。そのため、zipファイルにはパスワードがかけてあります。ご了承ください。

パスワードは、ゲーム学会第9回全国大会論文資料の、53page 右段の下から4行目の「英語3単語」です。

  • 中島雅弘, 所千恵, 植西由謹, 真嶌晋, 國信真吾, クロエツェー・ジュリアン, 富永浩之, "ゲーム開発プロジェクトとソフトウェアプロセス", ゲーム学会第9回全国大会企画セッション, (2010)

参考文献

  • M.Nakajima, H.Kawai, H.Tominaga, "The Issues of Internationalizing RPG Development Projects", The Journal of Game Amusement Society, Vol.1, No.1, (2007).
  • 中島雅弘, 川井博司, 富永浩之, 「ゲーム・ソフトウェア開発における日米のスタイルの違いと多国籍開発の課題と実践」, ゲーム学会 第7回 全国大会, pp.63-66, (2008).

ゲームカフェ

博物館出張展示

アブストラクトゲーム博物館所蔵品や、博物館掲載の自分で工作するボードと駒でゲームを体験していただきました。ゲームには、博物館のスタッフと香川大学富永研究室のみなさんがアテンドし、ルールや背景を解説しました。オンラインゲームのAIとの対戦も人気がありました。

アブストラクトゲーム博物館出展品

クロエツェー・ジュリアン貸与

富永浩之貸与

口頭発表

アブストラクトゲーム博物館におけるオンラインゲーム環境の機能/性能強化プロジェクト

Further Development of the Abstract Strategy Game Online Project in the Museum of Abstract Strategy Games

  • クロエツェー・ジュリアン 北陸先端科学技術大学院大学
  • 中島 雅弘 アーヴァイン・システムズ
  • 富永 浩之 香川大学

汎用ゲームエンジンをWebアプリケーションとして実現するAbstract Strategy Games Online Projectの最新開発状況(Version 5)を紹介します。プロジェクトでは、これまでのゲームフレームワークに対して、新しいゲームをさらに容易に追加できるようにし、より多くの種類のゲームを体験できるように修正しています。また、モンテカルロ木探索など新しいAIを投入することや、従来のAIを高速化し、全体の機能・性能を強化しています。

参考文献

  1. 中島雅弘, “アブストラクトゲーム博物館”, http://www.nakajim.net/, (2009).
  2. 中島雅弘, 所千恵, 富永浩之, “アブストラクトゲーム博物館の構想”, ゲーム学会 研究会報告, 2008-GE-1, pp.13-16, (2009).
  3. 中島雅弘, 所千恵, 富永浩之, “アブストラクトゲーム博物館におけるオンラインゲームプロジェクト”, ゲーム学会 第8回全国大会論文集, pp.61-64, (2009).
  4. 上田和志, 中島雅弘, 富永浩之, “アブストラクトゲーム博物館におけるオンラインゲームのGUI開発”, ゲーム学会 第8回全国大会論文集, pp.65-68, (2009).
  5. Zillion Development Corp., “Zillions of Games”,http://zillions-of-games.com/, (2009).
  6. 山本光夫, 奥多摩タイルアートファクトリー, http://www.gift-box.co.jp/, (2009).
  7. C.E. Shannon, "Programming a Computer for Playing Chess", Philosophical Magazine, Vol.41, No.4, pp.256–275, (1950).
  8. B. Abramson, "Expected-outcome: a General Model of Static Evaluation", IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence, Vol.12, No.2, pp.182-193, (1990).
  9. D. Knuth, R. Moore, "An Analysis of Alpha-beta Pruning", Artificial Intelligence, Vol.6, pp.293-326, (1975).
  10. J. Schaeffer, "The History Heuristic and Alpha-beta Search Enhancements in Practice", IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence, Vol.11, No.11, pp.1203-1212, (1989).
  11. C.S. Lee, M.H. Wang, G. Chaslot, J.B. Hoock, A. Rimmel, O. Teytaud, S.R. Tsai, S.C. Hsu, T.P. Hong, "The Computational Intelligence of MoGo Revealed in Taiwan’s Computer Go Tournaments", IEEE Transactions on Computational Intelligence and AI in Games, Vol.1, No.1, pp.73-89, (2009).
  12. R. Lorentz, "Amazons Discover Monte-Carlo", Computers and Games, Beijing (China), September/October 2008, pp.13-24, (2008).
  13. P. Auer, N. Cesa-Bianchi, and P. Fischer. Finite-time Analysis of the Multiarmed Bandit Problem. Machine Learning, Vol.47, No.2-3, pp.235-256, (2002).
  14. R. Coulom, "Efficient Selectivity and Backup Operators in Monte-Carlo Tree Search", Lecture Notes in Computer Science, No.4630, pp.72-83, (2007).
  15. L. Kocsis, C. Szepesvari, "Discounted-ucb", The 2nd PASCAL Challenges Workshop, (2006).
  16. S. Gelly, Y. Wang, "Exploration Exploitation in Go: UCT for Monte-Carlo Go", The 20th Annual Conference on Neural Information Processing Systems (NIPS 2006), Citeseer, (2006).
  17. General Game Playing, http://logic.stanford.edu/classes/cs227/2010/index.html, (2010).

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2011-06-06 (月) 11:22:20 (2604d)