[Fire and Ice]

Abstract Strategy Game Society

第2回 Abstract Strategy Game Society & The Game party の記録

開催日 2012年8月18日

場所 東京五反田 アーヴァイン・システムズ会議室

記録

会の様子

第2回の例会、朝からの豪雨も昼過ぎには晴れ、蒸し暑くなりました。 空調が動いていても、じっとりと湿った空気が肌にまとわりつきます。

第1部 Abstract Strategy Game Society

正規出展

時間ゲーム考案者発表者
14:10-14:30サファリ山本さん ギフトボックス山本さん
14:30-14:50Varanasi中島 アブストラクトゲーム博物館中島
14:50-15:40ユニオンキング笠井さん笠井さん
15:40-16:00ユニオンキングもどき(仮題)山本さん山本さん

サファリは、相手の駒も利用して戦う、ちょっと変わったはさみ将棋。キリン、像、ライオンのデザインがクールです。

ユニオンキング ユニオンキングもどき

ゲーム時間が長いため、前回参考出展となった「ユニオンキング」ですが、今回は発表枠を広げて50分程説明と、実際のプレーをしてみました。前回発表を受けて、複雑なルールのユニオンキングを単純化したゲームの「ユニオンキングもどき(仮題)」を山本さんが発表して、ユニオンキングの魅力と課題について議論が盛り上がりました。

第2部 The Game Party

前回発表のTic-Tac-Totemのルールを、山本さんが改善した報告がありました。前回のルールでは、逆転要素が少なく、ゲームが膠着状態になりがちで、プレーも冗長な印象がありましたが、今回のルール改変で、スピーディーで戦略性も向上しました。

今回の博物館からのゲーム紹介は、世界的にヒットしているGigamic社のQUARTOTortugaの2点です。

優勝の土井さん

今回の賞品は、タイル製のアクセサリー。主催者も含め全員が商品を得るチャンスがあり、一同本気モードで対戦。優勝商品をゲットしたのは、前回同様土井さんでした。

Varanasiは、アブストラクトゲームとしては珍しく、複数の人が同時に遊べるため、とても人気がありました。特にダブルス(4人プレー)は、話し合いながら戦略を立てても、うっかりや数え間違えが頻発! 大笑いの連続です。

Renaissance

館長のRenaissance、山本さんがタイルで作ってきてくれました。さすがに圧倒的に操作性が向上し、とてもゴージャスな仕上がりです。タイル製品でコンマミリ単位での調整は困難で、量産は難しいとのこと、一点だけ特別に作っていただきました。

Feedback

選択肢 投票
うらやましい 0  
次回は参加したい 1  
興味ない 0  
理解できない 0  
とにかく飲みに行く 0  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2012-10-08 (月) 02:28:21 (2260d)