[shogi perfect]

Abstract Strategy Game Society

第29回 Abstract Strategy Game Society & The Game Party の記録

開催日 2014年11月15日

会の様子

場所 東京五反田 アーヴァイン・システムズ会議室

Logy Games(山本さん)も博物館も、続く16日はゲームマーケットに出展です。準備もあり、第2部までの開催です。

第1部 Abstract Strategy Game Society

正規/参考出展

時間ゲーム考案者発表者
14:12-14:42The Blob土井さん土井さん
14:42-15:01ネコリスStew EucenさんStew Eucenさん
15:00-15:25AdaptoidNestor
15:25-15:40Try pas三浦久雄さん山本さん
15:40-16:00Six makingDorsonczky Jozsef正田さん
16:00-16:30CallanishJose Manuel Astilleros Garcia-Monge正田さん
 
The Blobネコリス
The Blobネコリス

ひさしぶりの土井さんによる新作 The Blob。FIBONACCI, Steam Warsのルールに触発された、競争+Checkmateゲームです。 出展されたボードのうち、Hex形状のボードでは駒が減ってくると、ディフェンシブなゲームになります。攻められる時には、一気にチャンスをものにしましょう。コア(キング)の駒は、複数段重ねてしまうと動きが制限されるので注意が必要です。もう一つ、平行四辺形状のボードは、急戦策を取りにくいのでより戦略性が高まります。同じルールでもボード形状によってゲームがまったく異なりますので、複数のボードを用意して選んで遊ぶとか、ボードを組み立てられるような工夫があると面白いかもしれません。

Stew Eucenさんの猫シリーズ、ネコリス。テトリスのように、16個×2色のテトラキューブを4方から挿入して組み合わせていきます。相手に合法手がなくなるか、色に関係無く駒が2段目に1列並んだら勝ちです。前半の布石が、冗長なところがあるという意見がありました。1段目の配置でも、決着が着くようなルールを挿入するアイディアが出て、こちらのルールの方がゲーム全体に締まりがあるようでした。

AdaptoidTrypas
AdaptoidTrypas

Nestor Games一番人気*1のAdaptoidは、翌日のゲームマーケットで販売する異色のアブストラクトゲームです。攻撃アイテム(ハサミ)と、移動アイテム(足)を駒に組み合わせつつ、相手の駒を確保します。単純に駒を強力にするため、足やハサミを増やしていくと、自駒の周りに空間のない駒は窒息して死んでしまいます。じっくりと時間をかけてプレーできる、戦略が多様なゲームです。

京都の三浦さん考案のゲームは、Creator's Productsからパブリッシュが決まったゲーム。 三角形のボード上のペグソリティア的に駒を飛び越えて、得点を取っていくImpartialなゲームです。 合法手がなくなるか、3つある1点の駒のうち、最後の駒を取ったら負けです。得点の計算をしながら、相手の手を限定していく戦略が重要です。

Six making PackageSix makingCallanish
Six makingCallanish

Six makingは、2013年にルーマニアの作家Dorsonczky Jozsef氏に考案されたゲームです。6個のスタックを作ったプレーヤーの勝ちというゲームです。駒の積み上げた数によって、Chessの駒のように、動きが変わるのが特徴です。Chessに馴染みのある人なら、ルールは簡単に理解でき、先読みもしやすく、複雑な勝ち手順や返し技が現れるところが魅力です。

Callanishは、ストーンヘンジがある町の名前で、Nestorからパブリッシュされているゲーム。9x9のボード上に、縦横5個の駒おければ勝ち(連続した5マスである必要はありません。)。手番では、すでに配置してある自分の駒を8方桂の位置に、新たに2つ駒を配置して分離していきます。(もとの駒は盤から取り除きます。)駒は、2段目まで積み上げることができますが、3段目までは積み上がりません。また、2段目に配置した場合、その駒を分離しなければならなくなると、途端に相手に手番が移動してしまいます。これらの性質を利用して、勝利の形を目指して戦う、じっくり考えさせられるゲームです。

第2部 The Game Party

優勝の正田さん

正田さんと土井さんが同点1位で、3 and Cで決勝戦をおこないました。勝ったのは、正田さんでした。

Feedback

選択肢 投票
うらやましい 0  
次回は参加したい 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
とにかく飲みに行く 0  

*1 正田さんによると、Yavalathの方が人気があるんじゃないかとのこと

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2014-11-18 (火) 11:25:43 (1488d)