[Fire and Ice]

Abstract Strategy Game Society

第47回 Abstract Strategy Game Society & The Game Party の記録

開催日 2016年5月28日

会の様子

場所 東京五反田 アーヴァイン・システムズ会議室

5/21の第3土曜日は、草場さん主催のなかよし村に出張アブストラクトゲームの会の開催でした。おかげさまで大変好評でした。 今月は、第4週の開催です。

第1部 Abstract Strategy Game Society

正規/参考出展

時間ゲーム考案者発表者
14:05-14:25ミリンダー時田さん時田さん
14:25-14:50e-SOLO-e研究山本さん山本さん
14:51-15:04Amoeba研究中島中島
15:04-15:28ハチの巣囲碁(改)関場さん関場さん
15:29-15:53The Game of Ancient KingdomsG. E. N. Tinley, Francis Tresham正田さん
15:55-16:15RaMarco Donadoni正田さん
 
ミリンダーe-SOLO-e
ミリンダーe-SOLO-e

以前にも発表があった、アミダゲームを大工作してきた時田さん。2Dの作品も作成したのだそうですが、やはり3Dにすることで、対称性が綺麗になりました。ゲームプレーも、平面上での対戦よりも違う頭を駆使しなければなりませんので不思議な気分です。2人プレーが主体ですが、3人でもかなり遊べるゲームになっています。もう少し、ゲームボード?が大きい方が、決着が長くなり良いかもしれないとの意見がありました。

山本さんは、このところ人気のe-SOLO-eの研究成果を発表です。南雲さんから、先手がパワーゲームで押し切ることができるのではないかとの指摘に、後手番の返し技を見つけて、ルールの改訂をしなくても問題がないことを確認しました。3並びと4並びの絶妙なさじ加減がうまく働いています。

Amoebaハチの巣囲碁 改
Amoebaハチの巣囲碁 改

ゲーム会が開催される直前にBoadGameGeekで、Amoebaのルール改訂の提案がありましたので、実際にプレーして検討してみました。 チェックメイト以外の時に、動けなくなるスタックを作る手は禁じ手という上級者ルールです。複数の人に検討してもらったところ、「別のゲームとして面白そうだ」、「上級者向けのルールだ」、「意外にも、制約が強くなりゲームが長くなる」などの評価がありました。継続して検討しようと思います。

関場さんは、今クラウドファンディングで製品化を試みているハチの巣囲碁の改良をしてきました。対称形を捨て去ったボードにすることで、天元が極端に有利な部分と、境界線の奪い合いだけになってしまう単純さの2つの問題点を克服しました。このボードの方が、相変わらずコウが生じないスピーディーなゲーム展開はそのままで、盤面も広く囲碁らしい勝負になります。

古代王国のゲームラー
古代王国のゲームラー

正田さんは、自身のコレクションから2作品。どちらも、ずいぶんと年季入りのパッケージです。

まずは、アブストラクトには珍しい、3人どころか最大5人まで遊べるボードを使わないタイルゲームです。自分のタイルをすべて連結すれば勝ちと目的は明快ですが、複数人の思惑でなかなか計画通りには進みません。2人プレーよりも3人ぐらいの多人数の方が面白そうです。

2つ目は、アイスホッケーのような感覚の競争ゲームです。ゴールに入る駒が多いほうが高得点で、先に相手に2点差以上をつけて6点以上獲得した方が勝ちです。すぐに駒が衝突しあうので、いくつか定跡を作ることができそうです。

いずれのゲームも、もう少し時間をかけてプレーしてみたい良作でした。

第2部 The Game Party

優勝の時田さん

優勝は、時田さん。2位は川崎君、3位は正田さんでした。優勝者には副賞のクロスワードパズルが送られました。

Feedback

選択肢 投票
うらやましい 1  
次回は参加したい 0  
興味ない 1  
理解できない 0  
とにかく飲みに行く 0  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2018-09-05 (水) 22:05:23 (13d)