[Ploy]

Ayoayo

History

Ayoayoは、Nigeriaのマンカラ・ゲームです。Ayoは現地の言葉で、「遊び」の意味です。

BeninではYovodji、GhanaではTamtam apachi、BarbadosではWarriと呼ばれています。Kenya 、Tanzania、Ethiopia などの国々で、複数のVariantが遊ばれています。

Ayoayoの別名

Yovodji(Benin), Tamtam, apachi(Ghana),Warri(Barbados)

Game Description

Ayoayoは、マンカラの中でも、種をまき終えたピットに種が入っていると、そこに入っている種を取り種を巻きつづけるマルチトラックと呼ばれるルールの、ユニークなゲームです。 マルチトラックのマンカラには、他にBao?などがあります。

Board & Pieces

Ayoayolは、6つのピットが2列並ぶボードと48個の種で遊びます。先手(first player)は左側、または下段の6つのピットを自陣とします。

Initial Position

各ピットに4つずつの種が配置されています。

Game Play

プレイヤーは、2人で交代に種を移動します。

プレイヤーは自分のターンで、自分の6つのピットのうち1つを選び、そこにある種すべてを取り、次のピットから反時計回りに1つずつ落としてゆきます。

最後の種が、自分、または相手の空ではないピットに落ちたら、そのピットにある全ての種を取り、続けてもう一度、動かします。

最後の種が空のピットに落ちたら、ターンは終了です。

空だった自分のピットに最後の種が落ちたら、向かい側の相手ピットに入っている全ての種を捕獲し、ターンを終了します。

このとき向かい側のピットが空であれば、種の捕獲はありません。

また、最後の種が相手の空のピットに落ちた時は、種の捕獲はありません。

種が12個以上あるピットからターンを開始する時は、そのピットへの種蒔きはスキップされます。

ターン開始時、もし相手のピットが空だったら、プレイヤーは相手に種を渡さなければなりません。できない場合、プレイヤーは残った種を全て捕獲します。このゲームでは、自分の種を相手に渡すことができない状態で、先に相手の種を無くすようにすると有利。

プレイヤーは、そのターンで相手の種を全て捕獲できれば、相手に一つも種を残さなくてもかまいません。その場合、プレイヤーは残りの自分の種も全て捕獲します。

ターン開始時、もし相手のピットが空で、プレイヤーは相手に種を渡すことができるのに、渡さなかった場合、ペナルティとして、全ての種は、相手に捕獲されます。

Goal

より多くの種を取得したプレイヤーが勝ちです。獲得した種の数が同じであれば、引きわけです。

Sample Game

Ayoayo Sample1

Strategy

Ayoayoは、マルチトラックゲームであるため、フィールド内にたねが多く残っている状態では、まきはじめたら、たねがどこに止まるか直感的には分からず、まるで占いでもしているかのようです。

このことから、人にとっては、序盤のたねの動きを読むのが難しいかもしれません。しかし、フィールド上のたねが少なくなってくると、自分のフィールド内でたねまきが終了するような短いケースも現れてきます。マルチトラックに入るような場合でも、1周分ぐらいなら十分にたねの動きを読み切れますので、しっかりと考えるようにしましょう。

また、たねの動きがわからないような場合にも、次のようなことを意識してみると良い手になることがあります。

  1. 自分のまきはじめたピットで、相手のたねを獲得することはない
  2. まきはじめる前に、特定の相手のピットにたくさんの種がある対応する自分のピットでマルチトラックが発動するような手を指すと、運良く周回してくると、相手のたねを大量獲得できることも
  3. たねが大量に入っている自分のピットからまきはじめたり、マルチトラックを開始できることが明らかなら、その手を指すことで、相手の大量獲得を防ぐことができる

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 0  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 0  
食べてみたい 0  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2014-08-23 (土) 17:42:24 (1578d)