[Diamond Game]

History

Halma (ハルマ)は、1880年代に考案され英国を中心に流行しました。WikiPediaなどによると、1883年もしくは1884年に米国ハーバードメディカルスクール成形外科医のGeorge Howard Monksによって考案されたとする説もあります。

Halmaはギリシャ語で、ジャンプの意味です。

流通していたHalmaの遊具は、紙やプラスチック製の安価なものや、合板にチェッカー模様の彩色をして、マスの中央に穴が空けてあって、骨や象牙のペグ状の駒を用いた高級なものがあります。

このゲームは、後にChinese Checkers / ダイヤモンドゲームの誕生のきっかけになりました。

BOARD & PIECES

Halma 2Player初期配置

2人で対戦することも、4人で対戦することもできます。 ここでは、2人プレーを紹介します。

それぞれのプレーヤーは、自分の色を選びます。

16x16のボードを使い、図のようにそれぞれのプレーヤー19個の駒を配置します。 初期配置にある、駒のかたまりの位置をキャンプと呼びます。

各手番で、プレーヤーは駒を移動させます。

  • 空いている隣の縦横斜めの1マスに移動する
  • 隣に駒(いずれの駒でもよい)があり、その先に空いているマスがあれば、Checkersと同様に駒を飛び越えることができます。(ジャンプ)
    • ジャンプは、縦横斜め、いずれの方向でもできます。
    • 敵駒をジャンプしても駒は取り除きません。
    • ジャンプで飛び越える駒は、1つです。連続する複数の駒を飛び越えることはできません。
    • 1度ジャンプした後、続けてジャンプできる場合は、連続してジャンプすることができます。 (連続ジャンプ : 選択的)
      • 連続ジャンプ時は、ジャンプのたびに方向を変えてもかまいません。

一度対岸のキャンプに着いた駒は、そのキャンプを出ることはできません。

GOAL

自軍を全て、対角線上の反対に位置するキャンプに、 先に移動したプレーヤーが勝ちです。

VARIANTS

Halma 4Player初期配置

Halmaは4人でも遊べます。4人でプレーするときは、右図のように配置します。

他にも、16x16ボードは入手しにくいこともあり、8x8のChessボードや 10x10のCheckersボードを使ってプレーすることもあります。その場合は、 通常それぞれのプレーヤーは8x8→10個、10x10→15個の駒を持ってプレーします。

NOTE

格五跳び将棋 / 跳び碁と共通するルールを持つゲームですが、これらを起源とするゲームであるといった証拠・記録はありません。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 0  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 0  
食べてみたい 1  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2015-10-27 (火) 13:30:31 (1114d)