[Shatar]

HISTORY

Horseshoe終局

Horseshoeは、アジアで古くから遊ばれていたゲームで、 インドでは、Do-guti、中国では、Pong Hau K'i、韓国ではOn-moul-ko-no と呼ばれています。The Oxford History of Board Gamesでは、移動のゲームのカテゴリーの中で 最も単純なゲームとして紹介されています。

Horseshoeは、おそらく中国が起源ではないかと推測されています。

Horseshoeという名称は、英語での呼び名で、ゲームボードの形状を表した、 文字通り馬蹄のことです。

写真は、パズルコレクション(アシェット・コレクションズ・ジャパン)で 「欠けた輪」の名称で配布されたHorseshoe。

Pong Hau K'iに、どのような漢字が当てはまるか調べましたが、中国語圏のWebサイトから、このゲームの名称で情報はみつかりませんでした。 中国語のWikiでは、裤裆棋 (ku dang qi : パンツの意味で、盤の形状がパンツに似ているからだそうです。)の名称で、子供のために作ったゲームとして紹介されています。英語圏では、HorseshoeもしくはPong Hau K'iの呼称が一般的なようです。

BOARD & PIECES

Horseshoe初期配置

写真のように駒を配置し、各プレーヤー自分の色を選択し、交互に着手します。

駒は、ボード上の線に沿って、空いている目まで移動できます。

パスはできません。

GOAL

相手をStale Mateにすれば勝ちです。(最後の手番をプレーしたプレーヤーが勝ち)

ページ上の写真の状態が、終局の図です。

Variants

異なるボード

先に記したように、Horseshoeは、アジアを中心に広く遊ばれていました。 各地域で、ボードの形状など少しずつ異なっているようです。

nolink,Pong Hau K'iOn-moul-ko-noSua tok tong
Pong Hau K'i 中国On-moul-ko-no 韓国Sua tok tong タイ

その他のHorseshoe

Horseshoe on Best Board Games from Around the World

Best Board Games from Around the Worldにも、Horseshoeが掲載されていますが、 ボードの形状が異なります。また、初期配置では、ボード上に駒は置かず、各プレーヤー3個ずつ駒を手持ちにして開始します。一つずつボードに駒を置き、手持ちの駒がなくなってから、移動を開始します。 おそらく編者が意図的に、オリジナルのHorseshoeをアレンジしたのではないでしょうか。

NOTE

Horseshoeは、

など、多数の英語書籍で紹介されています。いずれもほぼ同様のゲーム名称やボードを掲げていることから、情報源はHistory of Board Games Other Than Chess Harold J.R. Murray もしくは、The Oxford History of Board Games ではないかと考えられます。

増川氏の盤上遊戯にも、同様の図の掲載がありますが、 中国の三棋(サム・キ) = Morrisの仲間としてあつかわれています。 History of Board Games Other Than Chess Harold J.R. Murrayに記述された内容を、不確かな状態で紹介されたのかもしれません。

ゲームの詳細解析は、

  • Evans, R. "Pong Hau K'i." Games and Puzzles 53, 19, 1976.
  • Straffin, P. D. Jr. "Position Graphs for Pong Hau K'i and Mu Torere." Math. Mag. 68, 382-386, 1995.

等があります。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 1  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 0  
食べてみたい 0  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2014-10-01 (水) 16:06:19 (1539d)