[DVONN]

HISTORY

London Bridge

London Bridge is falling down, Falling down, falling down. London Bridge is falling down, My fair lady.

London Bridgeは、2013年に当館館長の中島雅弘によって考案された、マンカラと、子供のころに誰もが遊んだ「ロンドン橋落ちた」をモチーフにしたゲームです。

Description

Board & Pieces

ポットの配置
ポットの配置
初期配置
初期配置

2人で遊びます。

6つのポットを2段、その両脇にゴールポットを1つずつ配置します。 ゴールを除いた6×2段のポットがプレーフィールドです。各ポットは、それぞれに赤青黄に塗り分けられていて、各色図のように配置します。 ゴールポットは、それぞれのプレーヤーの右脇にあるものが自分のゴールです。

(写真中央にある)2つのダイアルは、それぞれ反時計回りに、ナンバーダイアル「1→2→3→4→1 ...」、カラーダイアル「赤→黄→青→赤→青→黄→赤...」とピンを移動させます。

マンカラのように、各プレーヤーは、ボードを挟んで座ります。それぞれのプレーヤーは、自分の色のビーズを目前6個のポットに、それぞれ3個ずつ入れてゲームを開始します。

Game Play

各プレーヤーは、自分の手番で、以下2つの操作を順におこないます。

1. ビーズの移動

各プレーヤーの手番では、自色のビーズが1つ以上入っているポットを選び、中に入っているビーズをすべて、右隣のポットから反時計回りに1つずつ入れていきます。プレーフィールドのポットは、自分の色のビーズ、相手の色のビーズ、いずれも入れることができます。

端のポットまでビーズを入れても、まだビーズがある場合は、自分のゴールポットに自分のビーズを1つ入れます。この際、ゴールポットには、相手のビーズを入れることはできません。また、相手のゴールポットは、何も入れずスキップします。

ゴールポットを越えてさらにビーズがある場合は、反対側のポットにも順番に1ずつ入れていきます。

ボーナスムーブ

自分のゴールポットでぴったりとビーズを入れ終えたら、続けてビーズの移動ができます。 もう一度、自分のビーズが入っているポットを新たに選んで、ビーズを移動する操作をおこなえます。この操作もゴールで、ピタリと入れ終えれば、何度でもボーナスムーブを繰り返せます。

選んだポットに入っているビーズをすべて入れ終えたら、次のダイアル操作に移ります。

自分のビーズがプレーフィールドに残っている限り、必ずビーズを移動させなければなりません。

一方のプレーヤーのビーズがプレーフィールドから無くなった駒場合

一方のプレーヤーのビーズが、プレーフィールドから無くなってしまうことがあります。 ビーズが無くなったプレーヤーは、このフェーズをスキップして次のダイアル操作をおこないます。

2. ダイアル操作

カラーダイアルナンバーダイアル
カラーダイアルナンバーダイアル

プレーフィールドに、(自分、相手無関係に)1つでもビーズが残っている場合は、必ずこのダイアル操作をおこないます。

手番のプレーヤーは、2つのダイアルのうち、一つのピンを取り、反時計回りに、次の位置に移動させます。

ピンを移動した結果、ダイアルで指示されている、色と同色のポットに、入っているビーズの数がダイアルの数と一致するもの、それらのポットからビーズをすべて取り出し、相手のビーズを自分のゴールにすべて入れ、自分のビーズは、ボード上に捨ててしまいます。

ゲームの終了

どちらのプレーヤーも、プレーフィールドにビーズが無くなったらゲーム終了です。

Goal

自分のゴールポットに多くビーズが入っているプレーヤーが勝ちです。相手のビーズも自分のビーズも、1個1点として数えます。

ボード上に捨てられたビーズは、どちらの得点でもありません。

両方のプレーヤーとも、同じ数の場合は、引き分けになります。

Notes

Copyright © Masahiro Nakajima 2013, www.nakajim.net 2013, All rights reserved.

London Bridge

通常のマンカラは、相手の種と自分の種を区別しません。一方で、自分のフィールドと相手のフィールドを区別します。このゲームでは、フィールドの区別はありませんが、ビーズの区別をすることで、操作できるポットを分けました。 この形式で、様々なルールを検討しているうちに、世界に広まっているバックギャモン系統のすごろくは、マンカラと共通点が多いことに気づきました。

すごろく系のゲームでは、大方ダイスを使いますが、このゲームでは、2つのダイアル*1によって、完全情報であることを担保しつつ、擬似的なランダム性を実現しています。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 2  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 2  
食べてみたい 0  

*1 Poly Dialという館長考案のアイディア

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2016-11-12 (土) 18:47:30 (766d)