[Chess Computer]

Mana

HISTORY

Manaは、Claude Leroy 氏によって1987年に東洋文化をモチーフに考案されました。 発売は、Fi Du Dé, Giseh Verlag, Jactaleaなどからされています。

1987年の Concours International de Créateurs de Jeux de Société で大賞を受賞しています。

BOARD & PIECES

Mana ボードとピース

2人で遊ぶ、相手の大名駒を先に取ることを目的としたゲームです。

写真の6x6のボードと、 それぞれのプレーヤーは大名1つ、浪人5つの駒をそれぞれ自分の色(製品によって赤と黄色、黒と白などがあります)を持ってゲームを開始します。 ボードのマスには、一重の十字が12箇所、二重の十字が12箇所、三重の十字が12箇所描かれています。

また、駒の上に刺すことができる、Manaというシンボルが一つあります。

初期配置

先手プレーヤー(赤軍など)が、ボードの向きを選択します。それぞれのプレーヤーは、ボードの向かい合う辺に対峙します。

続けて先手プレーヤーが自分の駒6個をすべて配置します。配置できる所は、自分に近い2段のマス目に任意に置くことができます。次に後手のプレーヤーが、同じ作法で自軍を配置します。

Manaは、ボードの脇に置いておきます。

駒の移動

プレーヤーは、それぞれのターンで自軍の駒を一つの(以下にある駒の選択制限に従って)選択して移動させます。

  • 駒は、その駒が置いてあるマスに描かれた十字の模様に従って移動します。一重のマスなら1step、二重のマスなら2Step、三重のマスなら3Step、正確に移動します。
  • 駒は、縦横(4方向)に移動できます。
  • 移動中駒は、方向を変えることができます。
  • 別の駒があるマスを通過することはできません。
  • 同一ターン中に同じマスを二度通過することはできません。
  • 移動を終わるマスに相手の駒がある時は、その駒をボードから取り除きます。

駒の移動が終了したら、その駒にManaを取り付けます。

駒の選択制限

  • Manaがついている駒の乗っているマスと同じ模様のマスの駒を選択しなければなりません。
  • 同じ模様の上に乗っている駒が一つもない場合と同じ模様の駒に合法な移動場所がない場合には、次の二つの動作のうち一つを選択します:
    • 任意の別の駒を移動させます。
    • 既に取られている自分の駒を、ボード上に戻します。戻せるマスは、Manaがあるマスと同じ模様の空いているマスです。

GOAL

相手の大名を先に取ったプレーヤーが勝ちです。

NOTE

Manaのパッケージ

Manaは、駒の移動にボードの状態による制限と、移動した駒にManaを与え相手の動きを制約するという発想がユニークなゲームです。

写真は、Jactaleaから発売されているManaのパッケージ。

本ページの展示品は、Julien Kloetzer氏から貸与されたものです。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 3  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 4  
食べてみたい 0  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2018-01-06 (土) 02:41:08 (344d)