[Abalone]

Martian Chess

HISTORY

Martian Chessは、Andrew Looneyによって考案されたゲームです。 Martian ChessのルールのCopy Rightが1997年および1999年であることから、 1997年の考案ではないかと考えられます。1999年ごろからより、Andrew Looney と Kristin は、Looneyの独立系ゲームパブリッシャーLooney Labsから、透明なプラスチック製の四角錐の駒をIcehouseとして販売を開始し、Martian Chessを含む複数のゲームルールを紹介しています。

Martian Chess は、火星人Chessの意味ですが、E.R. Burroughsの火星Chess=Jetanとは、まったく別のゲームです。

BOARD & PIECES

Martian Chessは、4人もしくは2人でプレーします。

Martian Chess 4-Player 初期状態   Martian Chess 2-Player 初期状態

左の図が、4-Playerの時の初期配置、右の図が2-Playerの時の初期配置です。 4-Playerでは、8x8のボードを、2-Playerでは、4x8のボードでプレーします。

ボードは、4x4の領域Quadrantで分割されており、間を運河が隔てています。 プレーヤーの目前の一つのQuadrantが、それぞれのプレーヤーの支配領域 です。

大、中、小の駒を写真のようにセットアップして、ゲームを開始します。

このゲームでは、駒の色に意味はありません。3種類の大きさの違う駒は、 それぞれ働きが異なります。

Queen (大)
Chess(欧米他)のQueenと同様に、好きなだけ縦横斜めに移動できます。
Drone (中)
縦と横に、1マスか2マス移動できます。
Pawn (小)
斜めに1マス移動できます。

いずれの駒も、別の駒を飛び越えることはできません。

各プレーヤーは、自分の手番で上記のルールに従って、自分の支配領域にある 駒を移動させます。移動した結果、他者の支配領域に入ることはかまいません。 また、移動先に他者の駒があれば、その駒を取って、盤上から取り除き、 自分の得点とします。

駒の昇格

駒の昇格ルールは、手元の1997年ごろに発売されたIcehouseのルールブックにはなく、 後にルールが加えられたようです。

各プレーヤーは、自分の支配領域にQueenがいない場合、DronePawnの いる位置に移動させ、2つを組み合わせて、Queenとすることができます。 同様に、PawnDroneの位置に移動させ合体させることもできます。

また、Droneが自陣にいなければ、Pawnを別のPawnの位置に移動させて 合体しDroneを作ることができます。

2-Playerゲームでの制約

2-Playerゲームでプレーする場合、相手の駒が自分の陣地に入ってきた直後の手で、 その駒を元いた場所に戻す手は指せません。他の場所へ移動することは可能です。

GOAL

いずれかのプレーヤーの、自分のQuadrantから駒がなくなった時点でゲームが終了します。

ゲームが終了したら、

Queen
3点
Drone
2点
Pawn
1点

として、獲得した駒を数え、得点の多い者が勝ちになります。

STRATEGY

一度、相手の領域に入ると、自分の駒ではなくなってしまうことに面食らうことでしょう。他のゲームとは異なる、ユニークなルールです。

高得点の駒を獲得するには、序盤の低得点駒のさばきに工夫が必要です。

状況が有利になってきたら、いかに自分の支配領域から駒を無くすか考えます。 序盤、中盤とは異なった展開になります。

NOTE

写真は、Icehouseの駒に、自作のMartian Chessボードの組み合わせ。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 2  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 0  
食べてみたい 0  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2016-12-19 (月) 21:29:21 (729d)