[Diamond Game]

PYLOS

Funagain Gamesで、このゲームを買う:Funagain Gamesで買う

HISTORY

PYLOS (PYRAOS)は、フランスのゲーム・メーカー Gigamic社から1994年に発売されたユニークなゲームです。ゲームの考案者は英国人エンジニア / ゲーム・デザイナー David G. Royffeです。

手元にあるゲームのタイトルはPYRAOSなのですが、Gigamic社の公式サイトでは、現在PYLOSと表記されています。途中、名称の変更があったようです。

BOARD & PIECES

PYLOS 初期配置

PYLOSは、2人で遊ぶゲームです。

用具

PYLOSには、以下のものが入っています。

  • ピラミッド・ボード x 1枚
  • 白球 x 15個
  • 黒球 x 15個

初期配置

すべての白球、黒球を、ピラミッド・ボードの周囲の溝にリザーブしておきます。

ゲームの進め方

両プレイヤーは、じゃんけんかくじ引きで自分の球の色を決めます。白が先行です。

両プレイヤーは交互に自分の球をリザーブから取り出し、ピラミッド・ボード上の任意の場所に配置します。

直近の球4個で正方形のベースができた場合、プレイヤーには次の選択肢があります。

  • 同一色でない4個の球で四角形を形成した場合、次ターン以降いつでも:
    1. リザーブから球を取り出し、盤上の任意の場所に置く
    2. リザーブから球を取り出し、ベースの中央に球を積む
    3. (当該四角形よりも下位のレベルに)配置済みの自分の球をベースの上に積む (すでに、上の段をサポートしている球を取り除くことはできません。)
  • 同一色の4個の球で正方形を形成した場合、すぐ(同一ターンで)に:
    1. 1~2個の自分の球(正方形を形成するために置いたばかりの球を含む)を盤上から取ってリザーブに戻すことができる
  • すでに上に別の球が積まれているものは移動できません。
  • パスはできません。

Variants

このゲームは、難易度を調整するために、派生ルールが用意されています。

for Mature Players

標準ルールでは、4個の同色球による正方形を作るのを防ぐことが比較的容易で、手番によってゲームの勝敗が決まり、逆転が起きにくいため、上級者向けのルールがあります。

4個の正方形を作って、駒をリザーブに戻すルールに加えて

  • 一番下の段で、自分の色で縦横に4個並んだ列、行を作る
  • 下から二番目の段で、自分の色で縦横に3個並んだ列、行を作る

いずれも、斜めに並んでも駒をリザーブには戻せません。 一度に複数の形(直列が二つ、直列と正方形等)ができても、リザーブに戻せる球は、2個までです。

for Children

子供向けには、4個の球による正方形ルールを除外することで、より単純なゲームにすることができます。

GOAL

PYLOS 黒が頂点に置いて勝ち

パスすることができないので、自分の手番で球がリザーブにないと負けです。

球をできる限り長くリザーブに持っておき、最後のターンでピラミッドの頂上に球を載せた方が勝ちです。(写真は、黒が最後の球を頂点に置いて勝ちになったところ)

Two Players, Four Playersとも、ゲームのゴールはいっしょです。

NOTE

このゲームは、nimImpartial Game性に対して、先後に駒の隔たりをつけた変形と考えることができます。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 5  
役に立つ 2  
興味ない 0  
理解できない 2  
やってみたい 0  
食べてみたい 0  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2016-04-23 (土) 10:43:43 (969d)