[Shatar]

HISTORY

ペントミノ (Pentominoes)は、クィン(Quinn)ともよばれるImpartial Gameです。 1950年代中頃に、Solomon W Golmbによって提唱され、マーチンガードナー(Martin Gardner)が1959年に広めました。 日本語の資料としては、参考文献/世界のゲーム事典に紹介されています。

BOARD & PIECES

Pentominoes 初期配置

2人で対戦するゲームです。

Pentominoesの駒

通常のChessボードを使います。 駒は、ボードの升目の大きさの正方形を5つ繋げた全12種類のタイルを各1つずつ使います。*1

先手後手順番にタイルをボード上のマスに当てはめていきます。タイルは、回転させたり、裏返してもかまいません。

すでに置かれているタイルと重なって置いてはいけません。

GOAL

Pentominoes

ピースを置けなくなったプレイヤーの負けです。

STRATEGY

このゲームは、先手必勝であることがHilarie K. Orman (1996年)によって、コンピューターを用いて解決されています。

NOTE

ダウンロードできるリソースに、ボードを掲載しておきます。 駒は、裏と表を張り合わせてお使いください。 ボードは、8x8の汎用ゲームボードで遊べます。

このゲームで使う駒(= ペントミノタイル)を使った遊びとしては、パズルの方が有名かもしれません。すべてのペントミノタイルを使って、長方形にきっちりと収めるのが目的です。

SEE ALSO

  • "Pentominoes: A First Player Win" Games of No Chance MSRI Publications Volume 29, 1996

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 0  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 0  
食べてみたい 0  

*1 この種の正方形が連なったタイルは、~ominoがと呼びます。数字を表す接頭語をつけて命名されています。ドミノ(D-omino)は2つのタイルが連なったもの、ペントミノ(Pent-omino)は5つが連なったタイルです。接頭語はそれぞれラテン語起源の数の読み方です。これらを総称してPolyominoesと呼びます。

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2014-08-23 (土) 17:50:53 (1578d)