[Bau Haus Chess]

Funagain Gamesで、このゲームを買う:Funagain Gamesで買う

HISTORY

QUIVIVEは、フランスのゲーム・メーカー Gigamic社から1998年に発売されたユニークなゲームです。フランス人ゲーム・デザイナー Francis Pacherie の考案です。QUIVIVEとは、フランス語で(qui vive)「そこにいるのは誰だ!」の意味です。銀河系やロケットというモチーフをQUIVIVEに導入した子供向けゲーム SPUTNICが、2005年に発売されています。 2009年8月時点で、日本では未発売です。

BOARD & PIECES

QUIVIVEは、5人で遊ぶゲームです。

用具

QUIVIVEには、以下のものが入っています。

  • ボード x 1枚
  • ディスク x 49枚
  • 駒 x 5個
  • ピンセット x 1個

ディスクと駒の配置

QUIVIVE 初期配置例

ボードのへこみ部分にディスクを37個敷き詰めます。

各プレイヤーは、じゃんけんかくじ引きで決めた順番に従って、盤上に敷き詰めた37枚の任意のディスクの上に、2段目のディスクを1人1枚ずつ、全部で9枚置いてゆきます。 2段目のディスクを配置し終わったら、残った3枚を任意の2段目のディスクの上に3段目として配置します。ディスクを上に配置するときは、下のディスクにぴったりと重ねます。

ディスクの配置が終わったら、各プレイヤーは先に決めた順番に従って、自分の駒を任意のディスクの上に初期配置します。

駒の進め方

プレイヤーは自分のターンで、自駒を左右前後斜めいずれかの、隣のディスクに移動してから、任意のディスクを1つ、盤から抜き取ります。

他の駒が配置されているディスクや、ディスクのない場所には進めません。また、他の駒が配置されているディスクは抜き取ることができません。

Variants

ゲームは、2人、または4人でも遊べるようになっています。

Two Players

プレイヤーは互いに駒を2つずつ持ち、各ターンでどちらか一方の駒を動かします。その他のルールは5人で遊ぶ場合といっしょです。

Four Players(Team Play)

2人ずつがチームになって遊びます。各ターンでどちらか一方の駒を動かします。その他のルールは5人で遊ぶ場合といっしょです。

GOAL

動けなくなったら負けです。最後に残ったプレイヤーが勝者となります。 Two Players, Four Playersとも、ゲームのゴールはいっしょです。

NOTE

ゲームのモチーフは、Positと類似点があります。Positに比べると、段の上がり下がりが自由であることから、制約が少ないゲームです。

「たかたかオニ」(地面には降りられない vs. ディスクのない場所には降りられない)をボードゲームにしたような感じです。5プレイヤーで遊んでもゲームが発散しません。オニごっこと同じで、多人数で遊ぶ方が面白いゲームです。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 1  
役に立つ 1  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 2  
食べてみたい 0  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2016-04-07 (木) 05:52:36 (985d)