[shogi perfect]

Siam

Funagain Gamesで、Siam: Deluxe Editionを買う:Funagain Gamesで買う

Siam, Siam Travel

HISTORY

Siamは、Didier Dhorbaitによって考案され、2005年よりFertiから発売されています。

BOARD & PIECES

Siam ピース   Siam ボード

5x5のボードを使って二人で遊ぶゲームです。

駒は、上写真右のように、象x5、サイx5、岩x3があります。

Siam 初期配置

初期配置は、写真のように岩を三つ中央に配置して開始します。

象のプレーヤーが先手です。

プレーヤーは各ターンで、次の5つ操作の中から一つを実施します。

  1. 自分の駒をボードに出す
    1. ボードの外辺に接した任意の空いているマスに、任意の向きに駒を置く
    2. ボードの外辺に接したマスに別の駒がある場合、別の駒を押せる条件を満たしているなら、押せる駒達を押し、自分の駒をそのマスに入れる
  2. 自分の駒を動かす
    駒の向きに関係なく、駒は縦横に移動できる。移動させた後、駒の向きを変更できる。
  3. 自分の駒の向きを変更する
    駒を移動させなくても向きだけ変更することができる。
  4. 自分の駒をボードから外に出す
    ボードの外辺に接したマスにある自分の駒は、ボードから取り除くことができる。 取り除いた駒は、後に使うことができる。
  5. 自分の駒を動かし、別の駒を押す
    移動する方向に、別の駒がある場合、自分の駒の向いている向きに押スことができる。(横や後ろ向きには押せない) ただし、以下の計算により、押すべき方向の力の数の合計が1以上である必要がある。
    1. 押すべき方向に連なる駒の中の岩は、(岩の数-1)×-1と数える。
    2. 駒が自分の進行方向と同じ向きにある場合は、1と数える。(どちらの駒であっても関係なく1)
    3. 駒が自分の進行方向と対峙する向きにある場合は、-1と数える。(どちらの駒であっても関係なく-1)
    4. 横向きの駒は力に無関係。力=0

OKの例

「象→ 象→ 岩 岩」
「象→ 岩 サイ→ 岩」
「象→ 岩 象↓ サイ→ 岩」

ダメな例

「象→ サイ←」
「象→ 岩 象↓ 岩 サイ←」

GOAL

岩を一つでも先に、ボードから押し出したプレーヤーが勝ちです。

NOTE

Siam パッケージ

abaloneTRABOULET / KUBA / AKIBAOshiと類似した、相撲押し出し型のゲームですが、駒の向きによってゲームが複雑になっています。その分、ゲームボードは小さめ(5x5)であっても、十分な変化を楽しめます。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 4  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 1  
食べてみたい 0  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2014-08-23 (土) 17:53:29 (1575d)