[DVONN]

Smess

Funagain Gamesで、このゲームを買う:Funagain Gamesで買う

HISTORY

Smess: The Ninny's Chessは、1970年にParker Brothersから発売されたゲームです。サブ・タイトルは、「お馬鹿さんのためのChess」ということですが、ボードのマスの矢印どおりに駒を運べばよいので、Chessの駒の動きを覚える前の子供にも楽しく遊ぶことができます。子供向けに、ボードや駒は大変ユーモラスでかわいらしいデザインです。

このゲームは大人が遊んでもとてもおもしろい(?)ものなのですが、そのネーミングとデザインのため大人には遊ばれなかったのでしょう、Parker Brothersは1979年に、ボードと駒のデザインや名前を中世ヨーロッパ風にすっかり変えた、しかしルールはSmessとまったく同じ(駒の動きを制御するボード上の矢印の一部以外)ゲームを、All the King's Menとして発売しました。こちらは明らかに大人をターゲットにした商品です。

BOARD & PIECES

初期配置 Smessボード

上のボードと3種類の駒 (上から、"Brain," "Numskull," "Ninny")で遊びます。 2セットの駒(Brain x 1, Numskull x 4, Ninny x 7)を、ボード上にどの駒を置くかという指示に従い、写真のように配置してゲームをはじめます。

先手は赤、青、どちらでもかまいません。

駒の動く方向は、駒が立っている、各マスに書いてある矢印で決まります。

各駒の動きは下記のとおりです。

BRAIN Brain
立っているマス上の矢印の方向に1マス
NINNY Ninny
立っているマス上の矢印の方向に1マス。Ninnyは、敵のNumskullの初期配置マスに移動した場合、Numskullに成ることができます。(そのNinnyは、Numskullと交換されます。)
NUMSKULL Numskull
立っているマス上の矢印の方向に何マスでも

駒の上を跳び越すことはできません。

移動させる駒の到着地点に敵駒がいれば、その駒を取ることができます。 取られた駒は、盤から除かれます。駒は、取り捨てで、盤上に戻ることはありません。

GOAL

相手の Brain を取れば勝ちです。

最後にBrainが両方とも残った場合は、引き分けです。

Smess パッケージを開けてボードを広げたところ

STRATEGY (子供向け)

敵のNumskullと自分のBrainとの間にNinnyを置くことが、(Ninnyを犠牲にしても)Brainを守ることになります。

前後左右、全方向の矢印が記されているマスを制圧、さらにそのポジションを支持する駒を配置し、しっかりと確保すると有利を築けます。

NOTE

Smessのパッケージ - もう古くてボロボロです... [sad]

ボード上に駒の動きについての説明がイラスト入りで印刷されるなど、子供にも分かりやすいような工夫がなされています。

子供向けといっているように、戦略性が低いゲームです。 大人同士でプレーすれば、短時間で決着すること必至です。

ボード上のポジションのリンクによって、動ける方向に違いがあるNine Men's Morrisや十六ムサシなどは見かけます。 駒の働きよりも、ボード上の位置による制約を設けるゲームは、 すごろく的な発想としては自然ですが、 チェス型のアブストラクトゲームでこのようなルールを採用しているものは珍しいかもしれません。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 1  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 2  
食べてみたい 0  

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2016-05-08 (日) 22:24:24 (951d)