[shogi perfect]

自作5x5のUpperHand

HISTORY

UpperHand(アッパーハンド)は、Orda industries (イスラエル)から発売された二人用のゲームです。 商品は、主に米国見かけることができたとのことです。

オリジナルのUpperHand

BOARD & PIECES

オリジナルのUpperHandは5x5のボードを使います。

自作9x9UpperHand
          
          
        
          
          

左写真は9x9のセットアップ。右表は5x5のセットアップ。



プレーヤーは、それぞれ白玉、黒玉を下表の個数持っておきます。

upperhand5x5_2.jpg
ボードサイズ白玉の個数黒玉の個数
2x232
3x376
4x41515
5x52727
6x64645
7x77069
8x8102102
9x9142142
10x10193192
11x11253252
12x12325325
13x13409409
14x14508507
15x15620619
.........

サイズが奇数のボードを使う場合は、ボードの中央に、中立の玉を置いてスタートします。

白が先手、黒が後手です。

玉は、下にボードか、四つの玉があるところならどこにでも置けます。

ボーナス

自分の玉を置いた結果、その玉を含む四個の領域に玉が置かれた状態になり、その内三個以上を自分の色が占めている場合は、その四個の玉の上にもう一つ自分の玉を同じ手番の中で置きます。その結果、置いた玉で四個の玉が置かれた状態ができて、同じように三個以上を自分の色が占めているなら、同じ手順を繰り返します。

upperhand_bonus.jpg

左の状態でAが置くと、Bにボーナスを同じ手順でことができる。

自分の玉を置いて、領域が四個になり、その内相手の玉が三個以上を占めている場合は、自分の手番で相手の玉を一つ上に置きます。これによって、また四個の領域ができた場合は、同じ判断と手順を同じ手番の中で繰り返します。

upperhand5x5_1.jpg

GOAL

先に、自分の持ち玉をなくした方が勝ちです。

STRATEGY

プレーした人の多くは、囲碁に似た感覚を受けるようです。厚みや実利に相当する、囲碁的な戦略/感覚を持つことで、ゲームを有利に運ぶことができます。 囲碁のように局面を模様で受け止める頭脳の使い方が受け入れやすいのか、チェスなど他のアブストラクトゲームよりも、女性に好かれるゲームです。

囲碁的感覚は、盤面が5x5のものよりも大きなサイズのものの方がより有効な印象を受けます。

自分のボーナスを獲得し、相手のボーナスを阻止することがすなわち勝ちにつながるのですが、バランスが重要です。 よくできたアブストラクトゲームのほとんどに当てはまる戦術ですが、指した手で直接利益を追求するより、後の手に含みを残した形を目指すのが良いでしょう。

NOTE

オリジナルのゲームは絶版で、ほとんど手に入りません。米国発と言われているこのゲームですが、そもそもあまり売れなかったのか、館長の8年程の米国滞在中も見たことがありません。ですので、ほとんどの人は、ボードを自作して遊んでいるようです。写真も、5x5, 9x9のボードは館長自作の物です。

5x5のボードは早く決着がつきますが、同じルールで、より大きなボードでプレーする方が戦略性が高くなり、ずっと面白いようです。 11x11ぐらいが最も面白いと言われています。写真の9x9ボードは、当初11x11にするつもりだったのですが、米国で販売されていたビー玉の品質が悪く、大きさや形が不揃いで、11x11ではゲームの途中で山が崩れてプレーに集中できないため、やむなく9x9にしたのです [sad])

upperhand9x9_3.jpg

UpperHandとコンピュータ

1980年代後半に、UpperHandをコンピュータプログラミングの題材として、強者プログラマ達がAI作りにしのぎを削ったため、日本では比較的知られたゲームです。

bit 1989年9月号 ナノピコ回答 (出題は同年5月)
共立出版
9本のプログラムによる総当たり戦の結果と、優勝した森田*1氏によるアルゴリズム、ゲームの戦略考察が掲載されています。
続ナノピコ教室
駒木悠二+有澤誠 共立出版 (1991年3月)
雑誌記事の再編です。BASICの着手選択サブルーチンのソースコードも掲載。より詳しく編集されています。
参考文献/Computer Today 1993年9月号 ゲイムのアルゴリズム
アッパーハンドのアルゴリズム 南雲夏彦
森田氏のアルゴリズムや、小谷氏のアルゴリズムを取り上げて紹介しています。9路版で、森田氏のプログラムが小谷氏のプログラムを破った棋譜も掲載されています。
参考文献/bit別冊 ゲームプログラミング
共立出版 ゲームAIを書くことを喚起するところで、ゲームの紹介が少し出ています。

館長が知っている範囲で、上記の書籍、雑誌記事などで取り上げられています。 また、PC98上で、複数のプログラマが作成したAIを選んで対戦できるソフトも公開されました。

他に、森田氏による参考文献/森田のミニゲーム集クリスタルボールという名で組み入れられて発売されています。

こちらのサイトでは、JavaでAppletを製作し、プログラムの製作工程を詳しく解説してくれています。ソースコードも、公開していますので、プログラミングの学習にも役立ちます。館長は、このプログラムをHackして、ボードサイズを5x5のみでなく可変にして遊べるようにしました。

upperhand9x9_2.jpg
upperhand9x9_4.jpg

SEE ALSO

  • UpperHand Game 前述のJavaで作成されたUpperHand Appletです。

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 6  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 2  
食べてみたい 0  

*1 森田将棋の作者

TOP   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]  
Last-modified: 2018-09-28 (金) 01:23:30 (25d)