[Ploy]


#ref(dodgem3.jpg,right,around)
* DESCRIPTION [#l58a7ab0]
Dodg'emは、1972年にColin Vout((当時ケンブリッジ大学の学生))によって考案された二人で遊ぶレースゲームです。ゲームは、マーチンガードナーの数学ゲームIでも紹介されています。
* HISTORY [#l58a7ab0]
Ludus Romanusは、古代ローマのゲーム'''Ludus Latrunculorum'''((The Game of Brigands or Soldiersの意味))を基にした二人対戦アブストラクトゲームです。

写真のDino Dodg'emは、Binbary Artsから発売された商品です。
'''Ludus Latrunculorum'''が初めに知られたのは、Varro(116-27B.C.)によって、線と空白による印があるボード上でプレーしたと記されています。
多くのローマの遺跡に、ゲーム盤が発見されており、その多くは小さなタイルや石と共に出土しています。英国では、石の盤に56個のマスがあるもの((これは現在NorthumberlandのChestersにある博物館に所蔵されています。))が、Hardrian's Wallで、他に64マスのものや90マスのものが見つかっています。

'''Ludus Latrunculorum'''のルールは、1世紀のSaleius Bassusによるゲームの詩記---'''Laus Pisonis'''を起源としています。
一方、幾分不明瞭ではありますが、詩の記述は、'''Seega'''というゲームに酷似しています。
'''Seega'''は、19世紀の初めにエジプトの農民によって、今日では英領ソマリランドの民族によってプレーされています。
エジプトは、Trajan((トラヤヌス 古代ローマの皇帝。在位98-117。))の時代にローマ帝国の境界であり、ソマリランドはその外側でした。
ローマ帝国崩壊後に、'''Ludus Latrunculorum'''がある形でどこかに生き残っていても不思議ではありません。

&br;&br;&br;&br;
#ref(dodgem1.jpg,left,around)
* BOARD & PIECES [#l9465ed6]
ボード上のそれぞれのチームのスタート地点に、駒をセットアップします。
それぞれのTeamは、スタートラインとゴールラインへの進行方向が直行して
います。各チームをボードの直行する一辺上に三つの駒を配置します。
Ludus Romanusでは、8x8の盤を用いてプレーします。

いずれの駒も、前進もしくは横に一コマ移動できます。
リーダーの駒、Dux (デュックス)をそれぞれ一個と、通常のタイルをそれぞれ16個持ってプレーを開始します。

相手のコマを取ることも、飛び越えることもできません。
ゲームには二つのフェーズがあります。

** Phase 1 [#oc7f8f75]

** Phase 2 [#h8ae0090]

#ref(dodgem2.jpg,right,around)
* GOAL [#b60196f5]
早くすべてのコマをスタート辺の対辺上まで移動したチームが勝ちです。
先に相手の駒とDuxをすべて捕まえた方が勝ちです。

動かせるコマがない場合は、パスになります。

* STRATEGY [#iee4905e]
相手のコマを効果的にブロックし、自分のコマはブロックされないようにします。


TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]