[Diamond Game]


* アブストラクトゲームのおもしろさ [#c15e6a1c]
'''アブストラクトゲームのおもしろさ'''とは何でしょうか。

人それぞれ、ゲームに対する感じ方は異なります。同じゲームを好きと思う人もいれば、ちっとも興味が持てない人もいるでしょう。
アブストラクトゲームに限らず、コンピュータゲームでも、他の趣味のものでも、みなさん主観的な意見があると思います。

どうして、好きか嫌いかを論じてみても、答えは見つかりそうもありません。一方、普及しているゲームは、それなりにおもしろいと
感じる人が多いので普及しているはずです。しかし、ゲームが普及するには''おもしろさ''だけではなく、
''そのゲームに関する情報量''
- ゲームを教えてくれる本や人
- 一緒に遊べる人, 所有している人
- そのゲームを目にする回数
- そのゲームを間接的((雑誌、TVや映画などで、登場人物がプレーしたりするなど))に目にする回数

の影響を強く受けます。マーケティングや教育制度のしっかりしているゲームや、近年コンピュータゲームの販売戦略の要にも
なっている、複合的な商品販売戦略((ゲームだけでなく、アニメ, コミック, フィギュアやファン集会, コンサートなど、さまざまな
商品、サービスを組み合わせた商品ブランド確立戦略))の成功から、'''露出'''の多いものが広く受け入れられることは間違えありません。

ゲームを知ってもらわなければ、遊んでもらうこともなく、もちろんおもしろいかどうかなんて分かるはずがありません。

そこでここでは、ゲームを多くの人が知っているかどうかは考慮せず、''おもしろい''、と感じる要素にフォーカスしてみようと思います。

他の分野のゲームではなく、''アブストラクト''ゲームの魅力は、その抽象性の高さが上げられます。
あつかう駒やルールの背景に、テーマがなかったり薄いのがいいんです。

小説で書かれたストーリーをマンガや映画で見ると、何日もかけて読むストーリーをわずか数時間で見終わるその簡便さはとても重宝です。
しかし、自分の頭の中で描いていた主人公や、絵になり動き出したとき、自分のイメージとずれていてがっかりしてしまうこともよくあります。((もちろん逆にとても素晴らしい表現に出会うこともあります。))

人の想像力は豊かですから、行間にかかれずに埋もれてしまった部分や、絵画でも塗り残しの空白の部分に、自分の文字や色をあてはめることができるのです。
できるだけでなく、頭の中の創造行為がとても快適に感じるのです。
- レストランで、テーブルに運ばれた料理に自分で塩コショウで完成させる
- 買ってきた服に、自分でアクセサリーをつける

なども、同じように'''ちょっと言い過ぎですが'''創造的な行為だと思います。

アブストラクトゲームなんだから当たり前なことですが、抽象性なことで、
- いろいろなインスタンスを自分で作れること
- ゲームに没頭したとき、他の要素にわずらわされず、純粋に思考に集中できること
- シンプルな部位から、複雑な結末が導き出されること

がアブストラクトゲームの醍醐味ではないでしょうか。

音楽の三要素に''旋律'', ''和音'', ''拍子''があります。これらの組み合わせで、人は音楽からさまざまな印象を受けるのですが、
ゲームにも似たような要素があると考えています。

..continued..


* ゲームの盤と駒 [#df26a610]


TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]