[Ploy]


アブストラクトゲームのおもしろさ

アブストラクトゲームのおもしろさとは何でしょうか。

人それぞれ、ゲームに対する感じ方は異なります。同じゲームを好きと思う人もいれば、ちっとも興味が持てない人もいます。 アブストラクトゲームに限らず、コンピュータゲームでも、他の趣味のものでも、みなさん主観的な意見があると思います。

好き嫌いはさておき、アブストラクトゲームをおもしろいと感じる人が、アブストラクトゲームすべてを おもしろいと思うのではなく、中にはおもしろく感じたり、つまらないと感じるものがあります。ここでは、 アブストラクトゲームに興味を持てる人が、どういった要素をゲームのおもしろさと感じるかについてカジュアルに 検討してみようと思います。

検討にあたって、ゲームの普及度合や認知度については(できるだけ)独立に考えることにします。 普及しているゲームは、そもそもおもしろいと感じる人が多いので普及しているはずです。 しかし、ゲームが普及するにはおもしろさだけではなく、 そのゲームに関する情報量

の影響を強く受けます。マーケティングや教育制度のしっかりしているゲームや、近年コンピュータゲームの販売戦略の要にも なっている、複合的な商品販売戦略((ゲームだけでなく、アニメ, コミック, フィギュアやファン集会, コンサートなど、 さまざまな商品、サービスを組み合わせた商品ブランド確立戦略))の成功から、露出の多いものが広く受け入れられる ことは間違えありません。

ゲームを知ってもらわなければ、遊んでもらうこともなく、おもしろいかどうかなんて判断すらできません。一方で、人は 対象物に繰り返し接することで愛着がわいてきます。また、気に入っているものも、いずれ飽きてしまうこともあります。 おもしろさを測ろうとすると、対象のゲームにより深く接することになるので、おもしろさの評価が変化してしまう かもしれません。

アブストラクトゲームの魅力

アブストラクトゲームの魅力は、その抽象性の高さが上げられます。あつかう駒やルールの背景に、テーマがなかったり 薄いのがいいのです。

小説で書かれたストーリーをマンガや映画で見ると、何日もかけて読むストーリーをわずか数時間で見終わるその簡便さはとても重宝です。 しかし、自分の頭の中で描いていた主人公や、絵になり動き出したとき、自分のイメージとずれていてがっかりしてしまうこともよくあります。*2

人の想像力は豊かですから、行間にかかれずに埋もれてしまった部分や、絵画でも塗り残しの空白の部分に、自分の文字や色をあてはめることができるのです。 できるだけでなく、頭の中の創造行為がとても快適に感じるのです。

なども、同じようにちょっと言い過ぎですが創造的な行為だと思います。

アブストラクトゲームなんだから当たり前なことですが、抽象性なことで、

がアブストラクトゲームの醍醐味ではないでしょうか。

おもしろいアブストラクトゲームの条件

音楽の三要素に旋律, 和音, 拍子があります。これらの組み合わせで、人は音楽からさまざまな印象を受けるのですが、 ゲームにも似たような要素があると考えています。

アブストラクトゲームでは、次のような要素が重要だと言えます。

前節でも記したように、単純なルールや駒・配置から最終的に予想もしないような複雑な軌跡(棋譜)を残せるようなゲームは魅力的です。

盤と駒

ゲームのルールや戦略を立てるだけなら、どのようなゲームボードや駒を使っても同じなのですが、いざ人と対峙してゲームすると、 どのような道具で遊ぶかで、ゲームのおもしろさが異なってきます。

囲碁やチェスや将棋は、プラスチック製の安価なものなら100円〜1,000円ぐらいで十分に遊べるものが手に入ります。 一方、コレクターが欲しがるようなものは、石、駒だけで数十万円〜数百万円、盤だけで同じくらいのものも多く存在します。 このようなものは、工芸術品として非常に高い価値があるものや、盤や駒の素材が高価なものです。 コレクターアイテムは、遊ぶことよりも集めることが目的なので、高価な道具であそんだからおもしろい、ということではありませんが、 道具そのものが文化的価値があるよい例だと言えます。

同じゲームでも、大きく重みのある駒や盤を使って遊ぶと、小さな駒でちょこちょこ遊ぶよりも、ずっと 迫力があり、ゲーム中も集中して考えることができます。 チェスは、トーナメントサイズのものだと、盤のサイズが19インチほどあり、将棋や囲碁に比べてずいぶんと大きく、 "がっちり"駒を掴んで、"どん"と置く感じは、まさにスポーツの対戦です。*3


*1 雑誌、TVや映画などで、登場人物がプレーしたりするなど
*2 もちろん逆にとても素晴らしい表現に出会うこともあります。
*3 館長は、入手できないゲームなどは、紙や身近な道具を使って同じゲームでも大小さまざま製作して、いろいろとプレーしてみていますが、大きなものや、重みのあるもの、盤もしっかりしたものの方が、ゲームに引き込まれます。一方、小さいものは、プレーをするというよりも、飾ったり携帯する事自体が楽しいアイテムです。

TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]