[Bau Haus Chess]


HISTORY

Reach初期配置

自修館の宇治節氏が1995年に考案したゲームです。 Tic-tac-toe(三目並べ)を改良し、引き分けをなくしました。

このゲームは、自修館の木製のパズル&ゲームのシリーズのひとつとして東急ハンズなどで販売されています。パッケージにあるゲームの名称は「木製リーチ 新三目並べ reach」となっています。

BOARD & PIECES

3x3のボード上に、白と黒の駒を3つずつ、写真のように初期配置します。 駒の移動先は、マス目の色によって制限を受けます。

GOAL

縦横斜めのいずれかに、自分の駒を早く並べた方が勝ちです。

SEE ALSO

Feedback

選択肢 投票
おもしろい 0  
役に立つ 0  
興味ない 0  
理解できない 0  
やってみたい 0  
食べてみたい 0  

TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]