[Nine Mens Morris]


#ref(): File not found: "Renju_1closeup.jpg" at page "五目並べ"

HISTORY

連珠の原型となった5目ならべは、平安時代には存在していたようですが、明治時代には先手の必勝法が発表され、現在でも、先手必勝のゲームであると考えられています。
1899年、黒岩涙香が、5目ならべにいくつかの禁じ手を加えたゲームを「聯珠」と呼ぶことを提案しました。 かつては「聯珠」と表記していましたが、第二次世界大戦後の漢字制限により「連珠」となりました。

その後、何度かルールの改正がおこなわれ、現在の連珠のルールが完成しました。




BOARD & PIECES

#ref(): File not found: "Renju_2setup.jpg" at page "五目並べ"

15道*1の「連珠盤」(15×15)上に、二人のプレイヤーが黒白の碁石を交互に置いてゆきます。

5目ならべとよく似ていますが、先手が明らかに有利な5目ならべに対し、連珠では先手の着手を制限して後手との均衡をとっています。





GOAL

黒が先手で盤の中央から交互に打ち、縦横斜めのいずれかに、早く『五連』を並べた方が『勝ち』です。

STRATEGY

NOTE

石は、連珠と囲碁で共通で使えますが、盤は路数が異なり併用できません。 連珠は、15道の盤を用います。囲碁は19路、初心者の練習用に9路, 13路盤を用いることがありますが、15路はあまりプレーされません。囲碁の用具は比較的容易に入手できますが、15道の連珠用の盤を入手するのは、なかなか苦労するところです。


*1 囲碁では15路と言いますが、連珠では15道と表記されるようです。

TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]