[Alapo]


HISTORY

五目並べは、中国では格五と呼ばれ、漢の時代から遊ばれていたようです。イギリスでは、Five-in-a rowまたは、日本から渡来した日本起源のゲームとして碁盤の発音をとったGo-bangと呼ばれ、19世紀に流行しました。

日本での五目並べは、平安時代には存在していたようですが、明治時代には先手の必勝法が発表され、1993にはコンピューターを使って先手必勝のゲームであることが証明されました。 連珠の原型となりました。

BOARD & PIECES

碁盤もしくは類似の盤を使います。用いる盤のサイズはまちまちのようです。

2人のプレイヤーが碁盤の上の格子の交点に黒、白の石1つずつ交互においてゆきます。 黒が先手です。石を置く場所に制限はありません。いったん置いた石は、動かしたり取り除いたりしません。

GOAL

縦横斜めのいずれかに、早く『五連』を並べた方が『勝ち』です。

STRATEGY

着手に制限の無い五目並べは、Victor Allis (1993)によって、先手必勝であることが証明されました。

SEE ALSO

連珠


TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]