[Chess]


3d_four_in_a_row_1.jpg

HISTORY

英語では、Qubicという名前でParker Brothersから1960年代後半に発売された三次元の四目並べです。 現在、オリジナルのゲームは絶版ですが、同じルールのゲームは容易に入手できます。


BOARD & PIECES

ボードには、タテ4本、ヨコ4本のバーが立っており、それぞれのバーには4つの玉が差し込めるようになっています。

中央に穴のあいた玉には2種類の色があり、プレイヤーはそれぞれ自分の色の玉を交互にバーに差し込んでプレーします。

GOAL

ボード上のバーに差し込まれた玉が、水平、垂直、斜め のいずれかで相手より先に4つ一列にそろったら勝ちです。

STRATEGY

立体四目並べでは、4x4x4の空間に玉を配置することでで勝利型は76のライン存在します。 自分と相手の玉の配置を、3D空間上で正しく俯瞰できていないと、ピンチやチャンスにまったく気づかず、相手に突然勝利をさらわれてしまうことがあります。

Oren Patashnik は、このゲームが先手必勝であることを、最初に見つけ、さらに、数千もの「手」を、数ヶ月かけて電子辞書化しました。その後、何人かのコンピュータ・サイエンティストによって、この「辞書」が完璧で間違いのないことが証明されました。

3d_four_in_a_row_2.jpg

TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]