[Diamond Game]


Beyond Chess

HISTORY

Beyond Chess は2001年にDavid L. Crockettが考案しました。彼がアメリカ海兵隊だった時に動くボードのアイディアを思いついたそうです。

Ialy Gamesが商標権を持って販売しています。

BOARD & PIECES

Beyond Chess初期配置

通常のChessの駒を使います。

標準ゲームは、写真のように通常のChessとまったく同じ状態からゲームを開始します。

このゲームは、ボードに特色があり、マス目一つ一つが独立したタイルになっています。

白が先手でゲームを開始します。

白の初手は、駒を動かします。 次の黒番からが、Beyond Chessの特徴であるボードの変形がはじまります。

黒の一手目以降は、基本次の2つのことを必ず以下の順番で、一つの手番内でおこないます。

  1. 駒を動かす
    • 駒の働きは通常のチェスと同じです
    • アンパサン、キャスリングが可能です
  2. 空いている空間にタイルを一つ移動する
    • 移動する方向は、縦横に一マスです。
    • タイルを移動して、ボードが二つに分断する移動はできません。斜めに繋がっていてもOKです。
    • タイルの上に駒が乗っているものは動かせません。(以下に例外)
    • タイルの

GOAL

通常のChessと同様の勝利、引き分け条件です。

Checkmateによって勝ちになります。

Stalemate、 駒不足、千日手、30手ルール、両者の合意によって引き分けです。

STRATEGY

タイルの移動によって、敵の強力な駒の効きを防ぐのが有効です。 反面、強力な駒の動きが制限されることと、7回まで同じタイルの同じ位置の奪い合いを認めていることなどから、緩慢なゲーム進行になることがあります。

キャスリングよりも、Kingを基本ボードから離れたの遠方に移動させてしまう方が、安全かもしれません。

オリジナルサイトで詳しいストラテジーガイドを配布しています。

NOTE

ボードを任意に組み立てられるので、変則的な形のボードを使った変形Chessのプレーができます。オリジナルのマニュアル中にもいくつかのボードセットアップが記されています。

また、このタイルを使ってChessだけでなく、別のゲームをプレーするのも楽しいかもしれません。。

SEE ALSO


TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]