[Shatar]


#ref(): File not found: "Gobblet_1closeup.jpg" at page "Fox and Geese"

HISTORY

Fox and Geese(キツネとガチョウ)は、 北ヨーロッパで生まれ、中世以降、ヨーロッパ全土でポピュラー遊ばれるようになりました。

ゲームモチーフは、狐1匹が大勢のガチョウを狩るハンティングで、この種のゲームを総じてハンティングゲーム*1と分類することがあります。

中世(バイキング時代)のスウェーデンで、おそらく"Tafl"(= Tablut?)のvariantとして生まれたのではないかと推察されています。

1300年ごろの、アイスランドの5大サーガの1つ"Grettis Saga"の中にも登場します。また、英国のEdward IVの家計簿に、Fox and Geese を購入した記録があるそうです。 ビクトリア女王とアルバート王子も、このゲームの愛好家だったことが知られています。





BOARD & PIECES

#ref(): File not found: "Gobblet_2setup.jpg" at page "Fox and Geese"

このゲームには、世界中にたくさんのvariantsがありますが、ここでは古典的なものを紹介します。

図のボードに、13個のGeese(ガチョウ)駒と1個のFox(キツネ)駒を配置します。

2人のプレイヤーで、どちらがGeese、Foxになるかを決め、交互に駒を進めます。

先手はガチョウです。

どちらの駒も、ボード上の線に沿って前後左右に、隣の交点まで移動することができます。

キツネは、前後左右の空いている隣の交点に移動するか、隣のガチョウの隣に空きスペースがあれば、そのガチョウを飛び越えて、捕獲することができます。捕獲されたガチョウは、ボード上から取り除かれます。

ガチョウの配置と空きスペースによっては、1ターンで複数のガチョウを捕獲することもできます。 ガチョウは、空いている前後左右の空いている隣の交点に移動できますが、キツネと違ってジャンプはできません。また、キツネを捕獲することもできません。

代表的なVariants

GOAL

ガチョウのゴールは、キツネを盤の角に追い詰めて動けなくすることで、キツネのゴールは、ガチョウの数を盤上から減らして追い詰められないようにすることです。

必ずどこかで勝ち負けが決まる(千日手は、キツネの勝ち)ので、引き分けはありません。

STRATEGY

ガチョウがミスをしなければ、必ずガチョウが勝つことが分かっています。

キツネとガチョウを対戦者が交互にプレイし、捕獲したガチョウの数を競う、より早くキツネを追い詰めた方を勝者とする、など、別ルールの工夫をするとおもしろいでしょう。

Note

See Also



*1 力関係が等しくない2者が、異なった目的をもって勝敗を競うゲームで、Fox and Geeseはハンティング・ゲームの代表格です。

TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]