[shogi perfect]


* HISTORY [#eb5da2e4]
#ref(trax_1closeup.png,nolink,right,around,Trax)
Traxは、Hexと同じくコネクションゲームの仲間です。
1980年にニュージーランドのDavid Smith によって考案されました。
このゲームは [[参考文献/世界のゲーム事典]]で紹介されています。
中国発祥のゲームで''西瓜棋''(すいか棋)と呼ばれています。
考案者、考案時期などは、よく分かりません。

Traxには、世界選手権があります。世界チャンピオンのDonald Baileyは、ファイナルで敗退した1994年をのぞき、1990年から現在までずっとチャンピオンの座にあります。

過去に Colour of Strategy, Ltd., Excalibre Games, Inc., [[Gigamic]], Grapet, Heraclio, Fournier, Holdson, The United States Playing Card Company…といった数々のゲーム・パブリシャーから発売されました。

このゲームは [[参考文献/Connection Games= Variations On A Theme]]で紹介されています。	

#clear
* BOARD & PIECES [#h1cfee25]
&ref(./trax_2piecies.png,nolink,Traxの駒);
#ref(./globe_2setup.png,right,around,nolink,Globe);

駒だけで遊ぶ 2プレイヤー・ゲームです。
ボードを使わない、別の言い方をすれば、ボードが無限大であることが特徴です。
上図のような、表裏にそれぞれ違うパターンで赤線と黒線が印刷してある(片面: 赤線と黒線が垂直に交差 / もう片面: 赤線と黒線が平行に走る((オリジナルのゲームでは、後者はアーチ状の線ですが、当館では便宜上、平行線を採用しております)))駒を使用します。
Globeは、2プレイヤー・ゲームです。
右図のように円形のボードに白黒の駒を配置します。
各プレーヤーは、自分の駒の色を決めて開始します。

各プレーヤー、自分の手番で一つの駒をボード上の線に沿って次の交点まで進めます。
他の駒を飛び越えることはできません。

#ref(trax_3forcemove.png,nolink,right,around,強制手)
移動した結果、相手の駒に行き所のない駒ができたら、その駒をボードから取り除きます。複数の駒が一度に動けなくなる時もありますが、その場合には動けない駒すべてを一度に取り除きます。

両プレイヤーは、自分の色を決め、自分のターンで駒をひとつずつ取り、任意の面を上に向けて並べてゆきます。
&ref(./globe_3move.png,nolink,Globe 駒を取る例); &br;
黒の駒によって、白が動けなくなった例

最初のプレイヤーの初手以降は、必ず駒の少なくとも一辺を他の駒と接するように、かつ、同じ色の線が隣の駒の線とつながるように配置してゆきます。

その結果、ある駒を配置した後に図形の窪みが生じ、その窪みには決まった駒を決まった向きにしか配置できなくなることがあります。
このような状態が出現したときは、手番のプレイヤーは同じ手番でその窪みにもうひとつの駒を「強制手」として追加で配置します。

「強制手」によってさらに「強制手」が生じるときは、その状態でなくなるまで「強制手」が続きます。
#clear

#ref(trax_3invalidmove.png,nolink,left,around,強制手)
ある1駒分の窪みが、3つ以上の同色の線を渡される形で空いた場合、その状況を形成する原因となった手まで遡って、「強制手」も含めた全ての手をやり直さなければなりません。


//from the Trax site:
//Trax is a two player abstract strategy game of loops and lines. It can be played on any flat surface (no board): using identical square tiles with straights on one side and curves on the other.

//The rules of TRAX are simple: place tiles adjacent to those already in play such that the colours of the tracks match. The objective is to get a loop or line of your colour while attempting to stop your opponent in their colour. //What gives Trax its strategic depth is the forced play rule which allows (or even requires) multiple tiles to be played in a turn.

//from the Zillions

//Trax is a two-player game utilizing square tiles with patterns on both faces.  One face has two arcs, Black and White, each drawn as to join two sides of the tile which share a common corner.  The other face has two straight lines, Black and White, drawn as to join opposite sides of the tile.

//Each player takes turns placing tile upon the field.  After the first placed tile, all subsequent tiles must be played so that at least one side is adjacent to another tile.  Sides of adjacent tiles must align so that the colors of the connecting 'tracks' match.  
//The initial tile played on each player's turn is called the 'primary'.

//If an empty cell on the playing field has two adjacent tile whose sides present the same color of connection, the player must play an appropriate tile to this cell.  This is called a 'forced move' and is mandatory.  A forced move can result in consecutive forced moves.

//If a move result in an empty cell which has three or more adjacent tiles whose sides present the same color of connection, the primary tile of that turn and any forced move tiles must be retracted, and the player must attempt an alternate move.

//The winner is the first player to form either a loop or line of their color.  A loop is a closed path of any shape.  A line is a path which joins opposite and outermost edges of the played tiles over at least eight cells, across or down.  A player may actually win by an opponent's move.  If winning formations result for both Black and White are completed in the same turn, the player who preformed the moves is the winner.

//Trax is an infinite game. It can be played with an infinite number of tiles upon an infinite surface.  But for the purpose of this implementation, it has been restricted to a 21x21 field with only 128 tiles.  This would be similar to playing the game on a card table with two sets.

//The first tile of the game must be played to the marked cell in the middle of the field.  In order to retract moves, the player uses as necessary the Back Up One Move button on the toolbar.  Drop a tile upon the field by clicking on the desired space, the diagrams to the right of the field are for the purpose of reference.



#clear
* GOAL [#ua6dfcbb]
#ref(trax_2ending.png,nolink,right,around,ゲーム終了)
自分の色で、次の2つのうちどちらかの図形ができたら勝ちです。
+ ループができる
+ 水平方向、もしくは垂直方向に8マスの幅連続した線を描く
先に相手の駒を2つ以下にしたプレーヤーが勝ちです。2つの駒では、相手の駒を閉じ込めることはできません。

手番で、双方に前述の図形が同時にできることがあります。その場合は、手番のプレイヤーの勝ちです。

また、手番で相手の側に、前述の図形ができてしまった場合は、相手の勝ちとなります。


#clear

* STRATEGY [#o3569286]
上級者になると、先読みというよりも、「図形の認識能力」が重要になります。

* VARIANTS [#y6f2eb81]

** LoopTrax [#o6cbe2a4]
ゲームのゴールが「先にループを作った方が勝ち」という以外は、Traxと全く同じルールです。


** Connexion [#z9ae8477]
5x5のボード上で、[[BOARD & PIECES>#h1cfee25]]の右側の駒(平行線((オリジナルではループ線)))のみの駒を使用して遊びます。
先に、自分の色の線でボードの両方のベースラインを繋ぐか、ループを作ったプレイヤーが勝ちです。


#clear


* NOTES [#web1289e]
日本では入手が難しいようなので、ぜひ「アブストラクトゲーム博物館オリジナル」の駒を使ってお楽しみください。[[ダウンロードできるリソース>ダウンロードできるリソース#Trax]]からダウンロードできます。
[[ダウンロードできるリソース>ダウンロードできるリソース#Trax]]にボードを掲載しました。

* SEE ALSO [#t3e079dd]
#related

- [[Traxオフィシャル・サイト>http://www.traxgame.com/index.php]]
- [[BoardGameGeek>http://www.boardgamegeek.com/boardgame/748/trax]]

//http://en.wikipedia.org/wiki/Trax_%28game%29

//http://en.wikipedia.org/wiki/Tantrix
//http://en.wikipedia.org/wiki/Black_Path_Game

//http://www.colourofstrategy.com/TraxHome.html
//http://www.boardspace.net/english/index.shtml
//http://gnutrax.com/book/trax_puzzles_v1_3.pdf

* Feedback [#u1caae51]
&facebooklike(400x180,action="like",scrolling="yes",show_face="true",layout="standard",colorscheme="light",align="right",float="right",rlmargin="10");
#vote(おもしろい[0],役に立つ[0],興味ない[0],理解できない[0],やってみたい[0],食べてみたい[0])
#pcomment_nospam(noname)
#vote(おもしろい[2],役に立つ[0],興味ない[0],理解できない[0],やってみたい[1],食べてみたい[0])
//#pcomment_nospam(noname)


TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]