[Chess Computer]


* HISTORY [#k8760bc4]
HIPはマーチンガードナーによって、発明されたゲームです。

1950年代の終わりに、Scientific American誌上の[[数学ゲーム>別冊サイエンス 数学ゲーム]]で紹介されました。

ガードナーがHipとなずけた理由は、"because of the hipster's reputed  distain for squares" に由来します。



* BOAD & PIECES [#wbab2ebb]
#ref(Hex_2setup.jpg,around,right)
オリジナルのルールでは、6x6のマスが並んだ正方形のボードを使います。

それぞれのプレーヤーは、それぞれの色の駒(相手と区別がつけば何色でもかまいません)を18個ずつもちます。

手番のプレーヤーは、開いているマスに駒を置きます。


* GOAL [#x3809ec3]
自分の手番において、自分の色の四点を結んだ四角形に、一つでも正方形が出来上がってしまったら、負けになります。できる正方形は、斜めに傾いていても、どのようなサイズでも、正方形とみなされます。

#ref(HIP_3.jpg)
赤が勝った例


* STRATEGY [#wdd586bb]
6x6ボード中、4個のマスを選んでできる正方形の組は、105個あります。

There is essentially only one way for a complete game to end in a tie.

* SEE ALSO [#z48ae450]
- [[Martin Gardner's HIP Game>http://www.delphiforfun.org/programs/HIP.htm]] より、詳しい情報と、Windows上で動くHIPプログラムがあります
- [[My Best Mathematical and Logic Puzzles]]
//#htmlinsert(amazon,transitional,"asins=0486281523")


TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]