[San Ta Si]


Introduction

山本さん

2009/7/9 に、ゲーム作家の山本光夫さんが館長の会社を訪問してくださいました。 奥多摩のアトリエから、15時半ごろ五反田に到着して、そこからなんと20時すぎまで、 ゲームの話で盛り上がりました。

このページでは、その時に伺ったことの一部を紹介します。

ゲーム作りを始めたきっかけ

タイルアートを手掛けていて、面白い

山本さんのゲームいろいろ

ほとんどすべてのゲームをお持ちいただきました! 遊ばせてもらった

Logyシリーズ。 詰め合わせのタイル・ボードと駒とで何種類ものゲームが遊べるデモ用セット。 売り物じゃないと聞きましたが、欲しい!

最初の創作ゲームはCifra。少し複雑だったルールを久しぶりに見直して、改良版ルールをリリースしました。

彼の多くのゲームでみられる、タイルを使った盤で、盤上のマス目を変更して遊ぶ、という発想がとてもユニークだと思ったのですが、タイルアーティストの山本さんとしては、ごく自然に「こうしたらおもしろいのではないか」と思ったそうです。

最近のヒット作は、積み木ゲーム。

ゲーム作りで心がけていること

シンプルでおもしろい、とっつきやすいこと、 初めてのユーザーのハードルを下げることに、とにかく腐心している。

「飲みながら楽しく遊べるゲーム」が原点だそう。

奥様は「ゲームが嫌い」な厳しいテスターさんらしい。少しでも複雑なルールや、長時間(20分以上???)のプレイを要するゲームは、遊んでくれないとのこと。

盛りあがった話題

どうやったら、アブストラクトゲーム、ボードゲームのマーケットを拡げることができるか、よいゲームをよりたくさんのユーザーに知ってもらうためにはどうしたらよいのか、が長い間の悩み。

インターネットを上手く活用して、海外に向けた発信をおこなうことが肝要では?

最近の話題


TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]