[Sittuyin]


Introduction

山本さん

2009/7/9 に、ゲーム作家の山本光夫さんが館長の会社を訪問してくださいました。 奥多摩のアトリエから、15時半ごろ五反田に到着して、そこからなんと20時すぎまで、 ゲームの話で盛り上がりました。

このページでは、その時に伺ったことの一部を紹介します。

ゲーム作りを始めたきっかけ

タイルアートを手掛けていて、面白い

山本さんのゲームいろいろ

ほとんどすべてのゲームをお持ちいただきました! 遊ばせてもらった

* ヨンモク
* スキップス
* r and b 「アールアンドビー」
* Check it
* Beehive「ビーハイブ」
* 3andC
* Kachit Knights(=Shooter)『カチットナイト』

Logyシリーズ。 詰め合わせのタイル・ボードと駒とで何種類ものゲームが遊べるデモ用セット。 売り物じゃないと聞きましたが、欲しい!

最初の創作ゲームはCifra。少し複雑だったルールを久しぶりに見直して、改良版ルールをリリースしました。

彼の多くのゲームでみられる、タイルを使った盤で、盤上のマス目を変更して遊ぶ、という発想がとてもユニークだと思ったのですが、タイルアーティストの山本さんとしては、ごく自然に「こうしたらおもしろいのではないか」と思ったそうです。

最近のヒット作は、積み木ゲーム。複雑なルールの説明も不要で、理屈ぬきに楽しんでもらえる。

ゲーム作りで心がけていること

シンプルでおもしろい、とっつきやすいこと、 初めてのユーザーのハードルを下げることに、とにかく腐心している。

「飲みながら楽しく遊べるゲーム」が原点だそう。

奥様は「ゲームが嫌い」な厳しいテスターさんらしい。少しでも複雑なルールや、長時間(20分以上???)のプレイを要するゲームは、遊んでくれないとのこと。

盛りあがった話題

どうやったら、アブストラクトゲーム、ボードゲームのマーケットを拡げることができるか、よいゲームをよりたくさんのユーザーに知ってもらうためにはどうしたらよいのか、が長い間の悩み。

インターネットを上手く活用して、海外に向けた発信をおこなうことが肝要では?

最近の話題

* 将棋のインターナショナル・デザイン

プロ棋士の北尾まどかさんから「将棋を外国の方々に分かりやすく紹介するためのボードと駒のデザインを考えて欲しい」との依頼を受けて、おしゃれで初めての方にも分かりやすいインターナショナル・デザインにチャレンジしたお話をうかがいました。 成った後も含め、各駒のキャラクターによる動きのバリエーションの多さが初めての方にもハードルにならないよう、駒のデザインに工夫をされたそうです。 つい最近、プロトタイプが完成したそうで、今後の展開がとても楽しみです。

* 「ヨンモク」のPC版

山本さんオリジナルのボードゲーム「ヨンモク」を、ある大学の先生が気に入り、PC版を開発してくださっているそうです。手で触ることができる盤と駒をもつゲームがデジタル化されると、同じゲームであるはずなのに、まるで違う印象になることは驚いたそうです。 私たちからは、オリジナル・ゲームを作るときなど、プログラムに落とすことで、ルールの矛盾やゲームプレイの深みなどを可視化できること、また、出来上がったゲームを、テキストでのルール説明なしで(=言語のハードルを越えて)、広く知ってもらうためには非常に有効であることをお話しました。

http://www.gift-box.co.jp/shogi/index.html


TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]