[Alapo]


Ploy1.JPG

HISTORY

PloyはFred Thibaultによって考案され、3M Gamesから発売されました。世界のゲーム事典でも紹介されています。





BOARD & PIECES

Ploy_setup.jpg Ploy2.JPG

二人用ゲームでは、上記のようにセットアップします。

ランサー
三本の枝が出ているもの。三種類六個
プローブ
二段目に配置してある二本の枝が出ているもの。三種類五個
シールド
先頭の一本の枝が出ているもの。一種類三個
コマンダー
Xの駒。 一種類一個

いずれも、駒を飛び越えることはできません。相手の駒が移動先にある場合は取ることができます。駒は取り捨てです。

GOAL

相手の、コマンダーを詰めれば勝ちです。

STRATEGY

駒の価値は、序盤

大○ > 大□ > 小○ > 大△ > 小□ > 小△

盤上の駒が減ってからは、

大○ > 大□ > 大△ > 小○ > 小□ > 小△

といった感じでしょうか。

ゴールや取り合いの際は、狙っているマスに移動できる駒の数が多い方が優勢という考え方が基本です。

相手の駒の死角(△の駒は横に動けないなど)になるゴールゾーンを狙うことで、劣勢を逆転することもあります。

NOTE

対称性のある、駒とボードが美しく、ルールも単純です。 ゲーム時間も、Chessなどに比べて短いのですが、戦略性が深い秀作ゲームです。

ダウンロードできるリソースには、印刷して使える盤と駒を掲載してあります。

Ploy3.JPG

写真は、3Mのオリジナルパッケージのもの。


TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]