[Sittuyin]


#ref(Ploy1.JPG,right,around)
* HISTORY [#w9ba4b14]
Ployは''Fred Thibault''によって考案され、3M Gamesから発売されました。'''世界のゲーム事典'''でも紹介されています。
Ployは''Fred Thibault''によって考案され、1970年に3M((Post-itの会社&oh;)) Gamesから発売されました。'''世界のゲーム事典'''でも紹介されています。

&br;
&br;
&br;
&br;

* BOARD & PIECES [#id832911]
&ref(Ploy_setup.jpg); &ref(Ploy2.JPG);

二人用ゲームでは、上記のようにセットアップします。

:ランサー| 三本の枝が出ているもの。三種類六個

:プローブ| 二段目に配置してある二本の枝が出ているもの。三種類五個

:シールド| 先頭の一本の枝が出ているもの。一種類三個

:コマンダー| Xの駒。 一種類一個

自分の手番で、以下の三種は、向きを変えるか、枝の伸びている方向に
- ''ランサー'' = 3マス
- ''プローブ'' = 2マス
- ''コマンダー'' = 1マス

進みます。

- ''シールド'' = 枝の伸びている方向に1マス進み、同じ手番で向きを変えることができます。

いずれも、駒を飛び越えることはできません。相手の駒が移動先にある場合は取ることができます。駒は取り捨てです。

* GOAL [#jd6be7c5]
相手の、コマンダーを詰めれば勝ちです。
相手の、コマンダーを詰めるか、コマンダー以外の駒を全て取れば勝ちです。

* STRATEGY [#z5b47b2c]
駒の価値は、序盤
 大○ > 大□ > 小○ > 大△ > 小□ > 小△
盤上の駒が減ってからは、
 大○ > 大□ > 大△ > 小○ > 小□ > 小△
といった感じでしょうか。
プローブを犠牲にしながら、有利なポジションを築くことと、シールドの活用とが大切です。
守備は、コマンダーの動きの自由度を重視します。

ゴールや取り合いの際は、狙っているマスに移動できる駒の数が多い方が優勢という考え方が基本です。
* VARIANTS [#t457a6b1]
三人、四人プレー用の駒とルールも用意されています。

相手の駒の死角(△の駒は横に動けないなど)になるゴールゾーンを狙うことで、劣勢を逆転することもあります。

* NOTE [#x7027b73]
対称性のある、駒とボードが美しく、ルールも単純です。
ゲーム時間も、Chessなどに比べて短いのですが、戦略性が深い秀作ゲームです。
Ployの発想は駒に''進行方向''と''移動距離''の属性を持たせたところ
が特徴的です。また、駒を回転させることで、プロモーションなしでも、
終盤のゲーム進行のスピード感が鈍りません。

これらの特徴は、Octi、将軍など多くのゲームに影響を与えたのではないでしょうか。

[[ダウンロードできるリソース]]には、印刷して使える盤と駒を掲載してあります。

#ref(Ploy3.JPG)
写真は、3Mのオリジナルパッケージのもの。


TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]