[Chess Computer]


* HISTORY [#ecb3864c]
#ref(./scalas_1closeup.jpg,around,right,nolink,Scalas)
''Scalas''は、2012年に当館館長の中島雅弘によって考案、2013年に発表された3D陣取りゲームです。

Scalasは、ラテン語で階段の意味。立方体を階段状に積み上げ地を取り合います。
#clear
* Description [#hb1caf98]
** Board & Pieces [#qdf266df]
#ref(./scalas_2setup.jpg,around,right,nolink,60%,初期配置)
標準ゲームは、2人で遊びます。

5x5のボードと、各プレーヤー25個ずつの自色(赤-青など)の立方体の駒を手元に持ってプレーします。

#clear
** Game Play [#qa8491ee]
ゲームの開始時は、ボード上に1つも駒がない状態です。

各プレーヤーの手番では、自色の駒を1つ選んで、以下のルールに従って配置します。

自分の手駒が残っている限り、パスはできません。

*** 階段配置の原則 [#p04ecb47]
#div(start,float:right,text-align:left,margin-left:10px,width:442px)
&ref(./scalas01.jpg,50%,1);&br;
&ref(./scalas02.jpg,50%,2);&br;
&ref(./scalas03.jpg,50%,3);&br;
&ref(./scalas04.jpg,50%,4);&br;
&ref(./scalas05.jpg,50%,5);
#div(end)
階段配置の原則は、このゲームの重要な戦略性を左右する制限要素です。

配置できる箇所とは:&br;
配置するマスから、
盤面の一番下の段(ボードに駒を配置していないところがあればボード面、ボード上に空いたマスがなければ、一番低い場所に配置してある駒と同じレベル)まで、
縦もしくは横に1マスずつ移動しながら、
+ 段を上がることなく、(右図5は、これに違反)
+ 2段位上飛び降りることなく、(右図、2,4,5は、これに違反)

降りられなければなりません。

同様に、駒を配置した後、置いた駒の上からも、段を上がることなく最下段に降りられなければなりません。配置した時の最下段までの経路は、配置前の経路と異なっていてもかまいません。

駒を配置する前と、配置した後に、同様のチェックが必要なことや、配置箇所からボードまでの経路が複数あったり、慣れるまで少し分かりにくいかもしれませんが、上達すると、このルールを活用した好手を発見する醍醐味を味わえます。

#div(clear)
*** 強制配置 [#he2e38f3]
#div(start,float:right,text-align:left,margin-left:10px,width:442px)
&ref(./scalas06.jpg,50%,6);&br;
&ref(./scalas07.jpg,50%,7);&br;
&ref(./scalas08.jpg,50%,8);
#div(end)
駒を置いた結果、縦もしくは横、間1マスを挟んで、%%%最上段が配置した駒と同じ高さ%%%に同色の駒が存在している場合に、同一手番で、間のマスに手駒を強制配置しなければなりません。
%%%強制配置する駒は、階段配置の原則に縛られません%%%。

同様に、強制配置した駒によって、強制配置の条件が発生する場合、連続して配置をおこないます。

1つの駒を配置した結果、一度に複数の場所が強制配置の対象になることがあります。この場合、どの場所から強制配置を実施するかは、手番のプレーヤーが任意に選択できます。

強制配置をしなければならない状況であっても、手駒が無くなれば、何も配置せずターンを終了します。

手番のプレーヤーが、強制配置が発生していることに、気がつかないでいる場合には、相手プレーヤーは指摘しなければなりません。双方とも、気づかずにゲームが進行して、後に発見した場合は、後から強制配置を実施せず、そのままゲームを進行させます。

#div(clear)
*** 一方のプレーヤーが駒を出し尽くした場合 [#kd5f08b1]
一方のプレーヤーが、手駒25個すべてを出し尽くしてしまうことがあります。

駒が残っているプレーヤーは、ボード上の駒が乗っている箇所((べつの言い方をすれば、ボード上に直接配置できません。))
で、前述の合法に配置できる箇所に、手番を連続して駒を配置できます。
この際、''強制配置''のルールも摘要されます。

*** ゲームの終了 [#e7b32e33]
どちらのプレーヤーも、合法的に手駒を配置できなくなれば、ゲーム終了です。

終局時には、手駒が残っていても配置できない場合も、手駒が無くなって配置できない場合もあります。

** Goal [#xe6ff408]
各マスの一番上に乗っている駒の色が多いプレーヤーが勝ちです。

一番上の駒の数が同数である場合は、一番高く積まれた塔の色の数を比較して、多く占領しているプレーヤーが勝ちです。それも同数である場合は、もう一段低い塔の色の数を比較し、多いプレーヤーが勝ちです。

それでも同じ場合、同様に順に一段ずつ低いところを比較して勝敗を決定します。
どの数も同数であれば、引き分けになります。

* Variants [#u355f75d]
上達してきたら、6x6のボード、36個ずつの駒、や7x7のボード、49個ずつの駒でプレーしてみましょう。布石を重視した、深い戦略が必要になります。

* Strategies [#z32d593b]
階段上に配置するルールによって、駒を置けない場所が生じます。この仕組みをうまくつかうことで、相手に取られない地を確保することができます。

強制配置は、手番で複数の駒を一度に出せるルールです。一見、得なようですが、駒を先に使い果たしてしまうと、駒を残している相手プレーヤーが、好きに地を確保できてしまいます。
一方で強制配置は、階段配置の原則に縛られないため、通常の着手では配置できない箇所に駒を乗せることができます。この手を有効に使うことも考えましょう。

終盤は、手駒の少ない方のプレーヤーは、ボード上に直接駒を置くような手を避けることで、仮に自分が駒を先に出し尽くしてしまっても、手駒を多く持っているプレーヤーに、配置できる箇所を制限するように指します。逆に、手駒の多いプレーヤーは、相手が駒を出し尽くしてしまった後に、多くの地を確保できるように工夫します。

* SEE ALSO [#hc46c30f]
#related

* Feedback [#ee6e20a9]
&facebooklike(400x180,action="like",scrolling="yes",show_face="true",layout="standard",colorscheme="light",align="right",float="right",rlmargin="10");
#vote(おもしろい[2],役に立つ[0],興味ない[0],理解できない[0],やってみたい[0],食べてみたい[0])
#vote(おもしろい[2],役に立つ[0],興味ない[0],理解できない[0],やってみたい[2],食べてみたい[0])
#pcomment_nospam(noname)


TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]