[Shatar]


zork1.jpg

DESCRIPTION

Zorkは、対話型テキストアドベンチャーの先駆的な作品です。

現在のアドベンチャーゲームは、視点を切り替えたり、画面上のオブジェクトをクリックしたりしながら、 謎やパズルを解いていくのものが多数ですが、Zorkのインターフェースは、文字とキーボードだけです。

ゲームへの指令には、自然な英単語の組み合わせでおこないます。自然なというところがみそで、まるで物語と 対話をしているかのように、ゲームが進行していきます。

英語を使うので、他の言語圏の人にはおもしろさの大半が伝わりません。

HISTORY

1977年 Don WoodsがWillie Crowther の作ったオリジナル版を大幅に改善した Adventureが流行しました。当時の、AdventureはFORTRANで記述されていました。

このAdventureに影響を受けて、当時MITのDynamic Modeling Groupのメンバーだった、 David Lebling, Marc Blank, Timothy Anderson, Bruce Daniels の四人が、Lispの継承言語MDLを使ってDEC PDP-10上で、1977年から1979年 にかけてはじめのバージョンのZorkを作りました。

ZorkIHandBook.jpg

そして、1979年にオリジナルメンバーの内三人他がInfocom社を設立し、Zork I, Zork II, Zork IIIなどを、 Apple II, Commodore 64, Atari, TRS-80, CP/M*1, IBM PC などで発売しました。ZorkはInfocomから世界で初めて市販された、テキストアドベンチャーとなりました。

Joel Berez と Marc Blankは、Zork Iを動作させるために、Virtual Machineである、Z-Machineを開発しました。 Zork以降に発表された多くのゲームが、Z-Machineで動作する言語ZIL*2で 書かれており、このゲームエンジン上で、Infocomゲームシナリオのゲームが遊べます。 Z-Machineは、Java, Unix, Windows他様々なプラットフォームで動作しています。 Virtual Machineを実現したことで、複数のプラットフォームで共通のゲーム・コア・データが使えるのは もちろんですが、Z-Machineは大型のシステムで動作していたプログラムを、どのように小型のシステムで 動かすかという工夫がふんだんにおりこまれたVirtual Machineです。

日本語版は、PC98用、Sega Saturn, PlayStationにZork Iが発売されました。PC98版は、忠実にオリジナルの良さを伝えた秀作でした。 Consoleゲーム版では、ゲームパッドを使ってテキストを入力させるため、ゲームがテンポ良く進まないのが難点でした。

NOTE

以下に、Zorkに関する詳しい情報や、Infocomのゲームが公開されています。

Zorkと同じながれを組むテキストアドベンチャー、adventureは現在BSD Gameパッケージとして配布されており、Linuxなどプレーできます。

Z-Machineに興味がある方は、こちらのサイトをどうぞ。


*1 MS-DOS以前、Intel 8080など8bitプロセッサで動作したオペレーティングシステム
*2 Zork Implementation Language

TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]