[Alapo]


zork1.jpg

DESCRIPTION

Zorkは、対話型テキストアドベンチャーの先駆的な作品です。

現在のアドベンチャーゲームは、視点を切り替えたり、画面上のオブジェクトをクリックしたりしながら、 謎やパズルを解いていくのものが多数ですが、Zorkのインターフェースは、文字とキーボードだけです。

ゲームへの指令には、自然な英単語の組み合わせでおこないます。自然なというところがみそで、まるで物語と 対話をしているかのように、ゲームが進行していきます。

英語を使うので、他の言語圏の人にはおもしろさの大半が伝わりません。



HISTORY

Zork Anthology Manual

1977年 Don WoodsがWillie Crowther の作ったオリジナル版を大幅に改善した Adventureが流行しました。当時の、AdventureはFORTRANで記述されていました。

このAdventureに影響を受けて、当時MITのDynamic Modeling Groupのメンバーだった、 David Lebling, Marc Blank, Timothy Anderson, Bruce Daniels の四人が、Lispの継承言語MDLを使ってDEC PDP-10上で、1977年から1979年 にかけてはじめのバージョンのZorkを作りました。

Zorkハンドブック PC98版

そして、1979年にオリジナルメンバーの内三人他がInfocom社を設立し、Zork I, Zork II, Zork IIIなどを、 Apple II, Commodore 64, Atari, TRS-80, CP/M*1, IBM PC などで発売しました。ZorkはInfocomから世界で初めて市販された、テキストアドベンチャーとなりました。

Joel Berez と Marc Blankは、Zork Iを動作させるために、Virtual Machineである、Z-Machineを開発しました。 Zork以降に発表された多くのゲームが、Z-Machineで動作する言語ZIL*2で 書かれており、このゲームエンジン上で、Infocomゲームシナリオのゲームが遊べます。 Z-Machineは、Java, Unix, Windows他様々なプラットフォームで動作しています。 Virtual Machineを実現したことで、複数のプラットフォームで共通のゲーム・コア・データが使えるのは もちろんですが、Z-Machineは大型のシステムで動作していたプログラムを、どのように小型のシステムで 動かすかという工夫がふんだんにおりこまれたVirtual Machineです。

日本語版は、PC98用、Sega Saturn, PlayStationにZork Iが発売されました。PC98版は、忠実にオリジナルの良さを伝えた秀作でした。 Consoleゲーム版では、ゲームパッドを使ってテキストを入力させるため、ゲームがテンポ良く進まないのが難点でした。

NOTE

以下に、Zorkに関する詳しい情報や、Infocomのゲームが公開されています。

Zorkと同じながれを組むテキストアドベンチャー、adventureは現在BSD Gameパッケージとして配布されており、Linuxなどプレーできます。

Z-Machineに興味がある方は、こちらのサイトをどうぞ。


*1 MS-DOS以前、Intel 8080など8bitプロセッサで動作したオペレーティングシステム
*2 Zork Implementation Language

TOP   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]