[Fire and Ice]


[[Funagain Gamesで、Pente deluxe edition in a tube を買う:&ref(ネット上のリソース/buy-this-game-btn-dice.png,Funagain Gamesで買う);>http://www.funagain.com/control/product?product_id=015583&affil=MASG]]&br;
[[Funagain Gamesで、Pente deluxe editionを買う:&ref(ネット上のリソース/buy-this-game-btn-dice.png,Funagain Gamesで買う);>http://www.funagain.com/control/product?product_id=022665&affil=MASG]]

* HISTORY [#q6c693b8]
二抜き連珠は、二抜き, 二抜き五目, 朝鮮碁などと呼ばれる[[五目並べ]],[[連珠]]の
バリエーションです。
昭和のはじめごろには、(おそらくは西日本に)愛好家が多くいて広く遊ばれていたようです。
久保松勝喜代という囲碁棋士(連珠も八段)が研究をして、久保松機山の名で家元を名乗りました。

海外では、Pente((ギリシャ語で5の意味))という名前で、Gary Gabrelが作った(1978)ということで、Copyrightを取得(1982)しています。
製品版のPenteは、現在でも米国欧州のおもちゃ屋などで容易に入手できます。布製のボード(四隅に絵柄がプリントしてあり、そこには着手できないようです。このボードのアイディアでCopyrightが取れているらしいです。)を筒上に巻き上げて、筒の中に碁石が入った
体裁になっているのをよく見かけます。このため、海外でも二抜き連珠の愛好家が広がり、国際大会も開催されました。

二抜き連珠にもPenteにも多くのバリエーション(ローカルルール)が存在しています。

* BOARD & PIECES [#f9125be9]
連珠盤を使います。便宜上囲碁の用具で代用し、19道盤を用いることもあるようです。

2人のプレイヤーが碁盤の上の格子の交点に黒、白の珠1つずつ交互においてゆきます。
黒が先手です。珠を置く場所に制限はありません。

珠を置いた結果、自分の珠の間に、相手の珠がちょうど二つ挟まると、相手の珠を取り除きます。

* GOAL [#j4cc4252]
縦横斜めのいずれかに、早く『五連』(長連は白黒とも認められず、ゲームを続行します。)を並べた方が勝ちです。
また、相手の珠を10個取ると勝ちになります。

三三は、白黒ともに禁じ手です。(相手の四、五を防ぐ時には打てるというルールもあります。)

Penteでは三三の禁じ手がなく、長連も認めるのが一般的なルールです。国際ルールでは、三ができたときはTria、
四ができたときはTessera、五ができたときにはPenteと発声することが義務付けられています。


* SEE ALSO [#qf8c437f]
#related
- [[Pente.org>ネット上のリソース#pente]]では、オンラインでPenteの対戦ができます。
* Feedback [#u1caae51]
&facebooklike(400x180,action="like",scrolling="yes",show_face="true",layout="standard",colorscheme="light",align="right",float="right",rlmargin="10");
#vote(おもしろい[16],役に立つ[3],興味ない[1],理解できない[1],やってみたい[2],食べてみたい[2])
#vote(おもしろい[17],役に立つ[3],興味ない[1],理解できない[1],やってみたい[2],食べてみたい[2])
//#pcomment_nospam(noname)

TOP   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]